mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 整備新幹線

整備新幹線

整備新幹線

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年10月28日 00:43更新

「北海道新幹線 青森・札幌間」「東北新幹線 盛岡・青森間」 「北陸新幹線 東京・大阪間 」「九州新幹線 鹿児島ルート 福岡・鹿児島間」「長崎ルート 福岡・長崎間 」について情報交換をするコミュです。沿線に
お住まいの方、ご興味のある方はどうぞよろしく!

■■整備新幹線とは(Wikipediaより引用)■■
整備新幹線という言葉が上記5線の総称として用いられるようになったのは1972年ごろからと言われている。他に「整備計画線」「整備5線」「整備5新幹線」などとも呼ばれていた。

この当時の状況を見ると、東海道新幹線と山陽新幹線の2線が国鉄の手によりすでに開業しており(ただし山陽新幹線は同年3月15日の時点で新大阪駅〜岡山駅間のみの開業。岡山駅〜博多駅間は工事中)、東北新幹線(東京都〜盛岡市)と上越新幹線、成田新幹線の3線も全国新幹線鉄道整備法に基づき国が基本計画決定→整備計画決定→工事実施計画認可の手続きを終えて着工または着工準備の段階に入っていた。さらに、3線に続いて着工する予定の新幹線として北海道新幹線(青森市〜札幌市)と東北新幹線(盛岡市〜青森市)、北陸新幹線、九州新幹線(福岡市〜鹿児島市)、九州新幹線(福岡市〜長崎市)の5線の基本計画が定められ、翌1973年には5線の整備計画が決定されている。

すなわち、1972年の時点では「営業中の2線」「工事中の3線」「整備計画を決定しようとしていた5線」という区分が発生していたことから、「整備計画を決定しようとしていた5線」は「営業中の2線」「工事中の3線」と区別する意味で整備新幹線などと呼ばれるようになったものと思われる。また、この5線は1973年の整備計画決定直後にオイルショックの影響で着工が見合わせられ、1989年の北陸新幹線高崎駅〜軽井沢駅間の着工まで「整備計画決定のまま計画が中断した状態」が長く続いたことも、整備新幹線の名称を定着させた要因となっている。

なお、整備新幹線と呼ばれる5線も、5線に先行して着工した3線も、前述の通り全国新幹線鉄道整備法に基づき国が計画した新幹線であり、3線が整備新幹線と呼ばれていない理由として「国鉄が独自に整備計画を定めたため」とするのは誤りである。一方、全国新幹線鉄道整備法が制定される前に開業または着工した東海道新幹線と山陽新幹線の2線は、東海道本線と山陽本線の輸送力増強を図るため国鉄が別線線増方式で計画、建設したものであり、「国鉄が独自に計画を定めた新幹線」といえる(ただし全国新幹線鉄道整備法の附則では2線とも同法に基づく新幹線鉄道と見なしている)。

また、全国新幹線鉄道整備法は1991年の改正で「暫定整備計画」という新たな建設スキームを規定し、整備計画が決定している新幹線鉄道の建設線について、一部またはすべての区間を新幹線鉄道直通線(いわゆる「ミニ新幹線」)または新幹線鉄道規格新線(いわゆる「スーパー特急」)として暫定的に整備するための手続きを追加した。ただし、ミニ新幹線として整備された山形新幹線と秋田新幹線は、鉄道事業法に基づき軌間変更の手続きが行われたため、整備新幹線の範疇には入らない。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 231人

もっと見る

開設日
2006年1月3日

3989日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!