mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > チャン・グンソク好き!HotNews

チャン・グンソク好き!HotNews

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月20日 16:07更新

[プロフィール]
生年月日:1987年8月4日
身長:182 Cm
体重:62kg
血液型:A型
一人っ子
所属会社:トゥリジェイコンパにー
学歴:漢陽大学演劇映画科
趣味:音楽鑑賞、料理、射撃
特技:スノーボード、レーシング、ウェイクボード
好きな食べ物:肉類

[ドラマ]
2010年 KBS 『メリーは外泊中 』
2009年 SBS 『美男<イケメン>ですね』
2008年 MBC 『ベートーベン・ウイルス』 、KBS 『快刀 洪吉童』
2007年 KBS 『黄真尹』、『エイリアン先生』
2005年 SBS 『プラハの恋人』
2004年 MBC 『シチュエーションコメディノンストップ4』
2002年 SBS 『大望』
2001年 SBS 『女人天下』
1999年 SBS 『マンナム<出会い>』

[映画]
2010年 『君はペット』
2009年 『梨泰院殺人事件』
2007年 『楽しい人生』、『待ちくたびれて』
2006年 『ドレミファソラシド』、『着信アリ ファイナル』
2002年 『宝島』

[受賞]
2010年 『 第46回百想芸術大賞 男子人気賞 < 梨泰院殺人事件 >』
2009年 『 SBS演技大賞 10代 スター賞 < 美男<イケメン>ですね>』
2009年 『 SBS演技大賞 ネチズン最高人気賞 < 美男<イケメン>ですね>』
2008年 『 KBS演技大賞 人気賞 < 快刀 洪吉童 >』
2008年 『 MBC演技大賞 新人賞 < ベートーベン・ウイルス>』
2008年 『 第44回百想芸術大賞 男子 新人演技賞 < 楽しい人生 >』
2006年 『 KBS 演技大賞 ベスト カップル賞 <黄真尹>』

チャン・グンソク。彼には子役スターという名が常に付いて回った。しかし彼はもう少年ではない。

第2期の演技人生に突進しているチャン・グンソク。1997年ケーブルドラマでデビュー。各種の子供ドラマで知名度を高めた彼は、某移動通信CMで一躍スターダムにのし上がった。明るい日差しの下、制服を着た彼の姿はすぐにブラウン管から飛び出して来るように光り輝き、多くの10代の少女たちの胸をときめかせた。それだけでなく20〜30代の、ヌナ部隊を自体形成させる程、愛をたっぷり受けた。普通、一つのイメージで包んで安定した道を行くことが芸能人の定石だが、彼の歩みは違った。10代後半を越えて変わり始めた。マネジャーの代わりであった母の意と違った方向に進み始めたのが、成人演技者への変身第一歩とした。

大衆的な認知度は2006年秋のドラマ『黄真伊』の時からだったかも知れないが、彼はすでに大衆に知られているスターであった。ヒョンビン、ハン・イェスル、イ・ユンジなどが出演したシチュエーションコメディ『ノンストップ4』(2003〜2004)で、チャン・グンソクの明るいキャラクターは多くの愛を受け、自分の名前を掲げたラジオプログラムを進行することになり(『チャン・グンソクのヤングストリート』)、TV歌謡プログラムのMC、ケーブルTVリアリティーショーのMCをなどもした。その時の年齢は、せいぜい18〜19。成人だという20歳前に彼が成し遂げたことは、大方の成人演技者を飛び越えても余りあって多様だ。

しかし彼にして見れば何かが不足していたようだ。やわらかいイメージを固守したヘアースタイルを約2センチ程の短いスタイルに変えて、強靭な男としてイメージチェンジを試みた。そして目つきも鋭く変わった。あたかも「演技者だ〜」と叫ぶような… 彼の顔があまりにも可愛く柔らかいイメージが強くて、完壁な変身というにはちょっと不足だが、強さと柔らかさがそれとなくミックスされて、その年齢層のカリスマを十分にアピールしている。
2006年チャン・グンソクは、日本のスクリーンへの挑戦も始めた。日本のホラー『着信アリ ファイナル』(2006)にも出演して、広告にも出演した。何度かの活動だけで、日本市場で認知されることは難しいが、今後を考えて日本語の勉強も少しずつしている。「準備された者にチャンスは訪れる」という座右の銘に、準備された俳優を実践しつつある彼だ。チャン・グンソクは2007年秋、『王と私』の監督で有名なイ・ジュンイク監督の『楽しい人生』で、俳優としての領域を広げた。映画でグループのボーカルを引き受けて、ダビングなしに直接ギターを弾きながら歌も歌った。彼の歌の実力は2007年の授賞式に、祝賀公演に招待される程の水準だった。

チャン・グンソクの活動には躍動性がある。明らかに彼がまだあまりに(?)若い年齢で、多くの経験をしているためだ。故に彼の活動には休符がない。2007年映画『楽しい人生』が終わる前に、チャン・グンソクは映画『待ちくたびれて』という映画一編に出演した。その上2008年の年頭には、TVドラマ『快刀洪吉童』というドラマで、ファンたちはまた別のチャン・グンソクに出会った。

時々刻々、カメレオンのようにチャン・グンソクは変身中だ。その変身を密かに楽しむファンたち。すでに存在感を明白に知らせた、俳優チャン・グンソクに対する期待が大きい。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 7881人

もっと見る

開設日
2010年8月4日

2487日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!