mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 北極祭り

北極祭り

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年7月9日 01:04更新

なんと、北極祭りが1日だけみんなの前にCOOLに戻ってきます!!


詳細は決まり次第発表していきます!


9/15現在決定済出演者


北極祭り2010

2010.10.3(SUN) 15:00〜21:00

¥2500/1D

@MOGRA秋葉原
http://club-mogra.jp/
住所:秋葉原3-11-B1 
電話:03-6206-8338

「北極祭り」が1日だけクールに復活します。
犬死にドキュンナードコアとタマテクと
魁☆ナードコアーズの残党のナードコア界からの
可憐な脱皮と豪華ゲストが見れるのは北極だけ!!


 LIVE
●ピョンガルー(うさぎのなみ平・カンガルー鈴木)
http://www.pyongarou.com/prof.html


 DJ
●小野眞一(100s) http://www.100s.jp/

2000年に“shortcut miffy!”でデビュー。2001年、“ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001”における中村のステージに参加したのが、100sメンバーとの出会い。現在、100sとしての活動のほか、taeやフィッシュバスケットのメンバーとして活躍中。最新アルバムは2007年「ロックミュージック」(tae)、2005年「天界の宴」(フィッシュバスケット)。
またイベント等でDJとしても活躍するほか、ゲームやアニメにも造詣が深く、活動は多岐に渡る。



●未来派(未来派RECORDINGS) http://www.miraiha.com/

2007年3月よりニコニコ動画にて、とかち未来派シリーズを中心に楽曲をアップ。
各種ハードコアやトランス等をベースにしたトラックに、紳士感溢れるセリフを歌わせるスタイルで、多くの中毒者を産み出している。
現在は楽曲提供や、Jumpstyle等DJとしての活動など、活躍の幅を広げている。



●スペルマ女学園(JA狂祭)



●にしむら(On-Ko-Chi-Shin/オンガク食堂)

恐怖の大王が降りる予定だった1999年に阿佐ヶ谷ベースにてクリスマス撲滅で初オーガナイズ。ナードコア1.5世代としての活動を本格的に始める。
集客は良かったものの阿佐ヶ谷の鬼小箱の壁に大穴を開けてしまい弁償が大変なことに。
ちなみに、もっとも影響を受けたナードコアアーティストはテラオカ・コーポレーションで、電車の中でヘビーローテーションしていたら気持ち悪くなって国分寺で降りてしまうほどに。

翌2000年、悪名高きクソイベ、「犬死に」開催(実は第一回犬死にではDJだけでなく生音バンドのボーカルをし、テレサテンやテラオカ・コーポレーションのカヴァー曲に挑む)、著名なUFO研究家の矢追純一氏との共演を果たす。
「犬死に」でのDJとしての出演は実はタッタの二回だけで、主な担当は2CHナードコアスレッドを中心とした「掲示板荒らし/晒され」活動。マーケティング理論を実践に移す。後に騒動と武士道を合体させた「騒道」として理論化。
「犬死に」がクソイベすぎた割りに集客ばかり伸びていった(ロフト本館に700人も入れてしまった)ので、消防法抵触を防ぐため、および、身内も楽しめるイベにするため「犬死に」からスピンアウトしたカタチで今回の「北極祭り」の原型が誕生。北極祭りでは主にムード音楽やラウンジミュージックを平然とかけるDJとして、100人中3人程度が熱狂するDJとして高く評価される。
2〜3年の休止期間を経て、P3Kの客入れ時間帯DJとして活動再開。ポピュラーと名を打っていながら当初は平然とラテンやボッサジャズをかけ、レジデンツより高い評価を受けるもピークタイムDJとしてはとても使い物にならなかった。
ピークタイムDJができないのはそれはそれで悔しいので、5〜6年ぶりにやっと高速打ち込み音楽のDJをすることを決意し、かといってラテン縛りを解くのも悔しかったので、まだ東京で誰も居ないポルトガル語・スペイン語ボーカルのみに絞った歌物ドラムンベースとブラジリアンドラムンベースのみをかける異色DJとして俺流ナードコアと言い張って高速テクノくくりのDJとして復帰。
案外評判が良かったので今に至るが、タマにスピードコアのDJやったり、やっぱラテンジャズかけたりしたりもする。
次回の北極祭りでは懲りずにブラジリアンドラムンベースをかける予定。



●炉利・コン太郎(東京から日本を明るくする会)

●東京仮面(東京から日本を明るくする会・会長)


●巨んc(少女記号)

1998年当時、多摩地区では最強と言われていた音楽レーベル「ササノハレコード」でデビュー。
その後、地元の江戸川区北葛西に帰ってしまった為にササノハから脱退、そして自ら「北葛西スタヂヲ」を設立。
本業の照明業や博打・オタク業等が忙しくなり休業状態であったが、2008年にアジアンガールズポップスに目覚め
「少女記号」の武田氏の勧めでDJを復活。そして今に至る。

ライブ活動としてはササノハの看板イベント、「タマテクノ」が主な場であったが、
ClubASIAのキューティーに出演した際に、西村物産に認められて「犬死に」「コンパクトディスコ」に出演。
特に、「犬死に」ではお客から金返せ等の罵声を浴びせられるが逆に業界関係者からは賞賛を浴びた。

作品は偽者も出廻るくらいのヒットシリーズである「学校」シリーズを2作だすが、
当時はゲーム喫茶にハマっていた為に2作目以降は休業状態となってしまっていた。
金八先生や中学生・高校生をフューチャーしたハードコアな作風は現在でも根強いファンが多く
「学校3」の発表が待ち遠しい限りである。

師事しているアーティストは、ASTERIX!武田師・未来派先生・こやくみつる氏・ゆーのす先生・EB110SS先生
力武靖氏・王心凌・柊かがみ・VINYLGROOVER・CoCo等。


 VJ
●ASTERIX!武田 (少女記号)

●nakajo

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 14人

もっと見る

開設日
2010年7月29日

2490日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!