mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > HANDS DOWN

HANDS DOWN

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月8日 07:30更新


DASHBOARD CONFESSIONALのHANDS DOWNに特別な想いがある人の集うコミュニティです。

Hands Down    和訳 :青山直樹 (一部意訳)

文句なしに

幸運のために、そう深く呼吸して・・ 僕と君がわけあう空気は神の祝福を受けている。夜はとても魅惑的で、穏やかで、無味乾燥で、僕らの心は自制を離れ暴走しようとしている。君の足が 僕自身 に触れる時、とても滑らかで、僕らは何もしていないのに、愉快な気分になる。

僕の望みは高く、君のキスが僕を殺さないかと不安だ。どう、殺したい?僕は死ねたら幸せだ。心は満たされ、破裂し、君のものになる。壊すなり、埋めるなり、宝石として身にまとうなり、なんなりと好きにしてくれ!

じっとしていて、決して捕まったりしないから。見つかることはない。 ただ、ここで抱き合って横になっていれば「何か持っていった?」なんて馬鹿な質問はうけないですむから。

ただ、静かに ただ、近くで ただ、親密に 決して聴かれることはない。だから、僕らは少しだけもって イク ことができる・・

僕の望みは高く、君のキスが僕を殺さないかと不安だ。どう、殺したい?僕は死ねたら幸せだ。心は満たされ、破裂し、君のものになる。壊すなり、埋めるなり、宝石として身にまとうなり、なんなりと好きにしてくれ!

文句なしに、僕が今まで憶えている中で、最良の日だった。いつだって思い出すことができる。ステレオの音、柔らかいライトの薄明かり、指でツイルした髪の香り、そして時計の音。  ただ、僕らは、一緒に歩くには遅すぎた。

通りは濡れ、門は閉まり、僕はジャンプして、君まで飛び越えさせようとした。そして、君は門の前に立ち尽くし、僕のウエストに手を置いたまま、意図したように僕にキスをした。そして僕は、君の言いたいこと全てがわかったんだ


Hands Down 

Breathe in for luck, breath in so deep, this air is blessed, you share with me.

This night is wild, so calm and dull, these hearts they race from self control.

Your legs are smooth as they graze mine, we're doing fine, we're doing nothing at all.

My hopes are so high, that your kiss might kill me. So won't you kill me? So I die happy.

My heart is yours to fill or burst. To break or bury, or wear as jewelry, whichever you prefer.

The words are hushed, lets not get busted. Just lay entwined here, undiscovered.

Safe in here, from all the stupid questions. "Hey did you get some?" Man that is so dumb.

Stay quite, stay near, stay close they can't hear. So we can get some.

My hopes are so high, that your kiss might kill me. So won't you kill me? So I die happy.

My heart is yours to fill or burst To break or bury, or wear as jewelry, whichever you prefer.

Hands down, this is the best day I can ever remember, always remember, the sound of the stereo, the dim of the soft lights, the scent of your hair that you twirled in

your fingers, and the time on the clock, when we realized it's so late, and this walk that we shared together.

The streets were wet, and the gate was locked, so I jumped it, and let you in.

And you stood at your door with your hands on my waist, and you kissed me like you meant it, and I knew that you meant it.


クリス・キャラバ:Chris Carrabba (vo, g)
ジョン・レフラー:John Lefler (g, piano)
スコット・ショーエンベック:Scott Schoenbeck (b)
マイク・マーシュ:Mike Marsh (ds)

 ダッシュボード・コンフェッショナルの中心人物、クリス・キャラバは15歳の時、叔父が買ってくれたギターを独学で始める。当時の彼はスケートボードに夢中で、高校生活終盤まで音楽に真剣になることはなかったという。高校卒業直後、クリスは、彼の最初のバンドVACANT ANDYで本格的に音楽活動を開始。アルバム1枚を制作後、THE AGENCYというバンドのアルバムに1枚参加した後、彼はFURTHER SEEMS FOREVERに加入する。バンドで活動する傍ら、このアコースティックのソロ・プロジェクトで何度かライヴを行い始めた彼が、Fiddler Recordsからのリリース用にレコーディングを始めた時、このDASHBOARD CONFESSIONALが誕生したのだ。

 バンド名は、"家に車で帰る途中、車(のダッシュボード)が僕の懺悔を聞いてくれる"という彼の歌詞の一節からとられ、その時彼の頭にDASHBOARD CONFESSIONALという名前が浮かんだのだという。彼は、観客にもプロジェクトの一員としてライヴで一緒に歌って欲しかったので、個人名を付けずバンド名を付けた。VACANT ANDY時代から忠実なファンのいるフロリダを常に大切にしてきたクリスは、「フロリダのキッズは、他の地域のファンと違って本当にバンドをサポートしてくれる。僕もそのキッズのうちの一人だった。」と語る。しかし、また彼はツアーで米国全土をまわるようになり、行く先々でそこが自分のホームグラウンドであるかのように感じるようになった。彼の音楽は彼がサポート・アクトとしてプレイした数々のライヴ、口コミを通じて米国全体のファンに浸透していき、ライヴでは次第にファンの大合唱が起こるようになっていく。 Fiddler Recordsから2000年1月にリリースされたファースト・アルバム「SWISS ARMY ROMANCE」は、予想以上の成功をおさめ、この頃にはDASHBOARD CONFESSIONALは単なるソロ・プロジェクトを超えるものとなっていた。NEW FOUND GLORY他を擁するDrive-Thru Recordsがこの作品に興味を示し、Fiddler Recordsより権利を買いとり、同年11月に再リリース。(現在はVagrantより再発売されている)

 FURTHER SEEMS FOREVERを脱退、DASHBOARD…の活動に専念するようになっていたクリスは、次にVagrant Recordsと契約。NEW FOUND GLORY、MIDTOWN、THE MOVIE LIFE,HOT ROD CIRCUIT、RIVER CITY HIGHらとツアーを重ね、 2001年3月セカンド・アルバム「THE PLACES YOU HAVE COME TO FEAR THE MOST」をVagrantよ
り発売後、レーベル・メイトとなったFACE TO FACEのサポート・アクト等をつとめる。ツアーに次ぐツアーでその"歌"を全米中に広げていった彼らは2001年12月にはミニ・アルバム「SO IMPOSSIBLE EP」を発売(このEPにはSUNNY DAY REAL ESTATEのダン・ホーナー(g)が参加)。2002年に入り「THE PLACES…」収録曲「Screaming Infidelities」のプロモーション・ビデオが制作されると、MTV2にリクエストが殺到、ビデオのオンエアがさらにその人気に拍車をかけていく。2002年6月には「MTV Unplugged 2.0」に出演、ミリオン・アーティストばかりが出演するこの番組への、当時ゴールド・ディスク(50万枚)に到達しようかというクラスだった彼の出演は異例のことだった。同年夏はWEEZERのサポート・アクトとしてアリーナ・クラスの会場をツアー。そして2002年8月末、MTV Video Music Awards 2002にて並居る強豪を押しのけて「MTV2 Award」を獲得し、秋にはASH、HOT ROD CIRCUITをサポート・アクトに従え、ヘッドライナーとして全米をツアー。12月には「MTV UNPLUGGED 2.0」をCD + DVDの2枚組として発売、その直後より新作の制作を開始した。

日本語サイト   http://www.jvcmusic.co.jp/dashboard/
公式英語サイト http://www.dashboardconfessional.com/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 32人

もっと見る

開設日
2005年12月29日

4372日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!