mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ヒーリングレンジャー検討会

ヒーリングレンジャー検討会

ヒーリングレンジャー検討会

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■現在の謳い文句(2006/03/18 up)
***********************************************************************
ヒーリング(癒し)には表と裏があるように思います。

表が、職業にされている方、公称されている方とすれば
裏は、例えば皆さんが誰かと繋がっている限り発生する、
依存関係、相関関係に該当するのではないかと思います。

親子のつながり、友人とのつながり、愛する人、敵対する人、
糧を分かちあうビジネスなどのつながり・・

そういう関係の方と接する限り、皆さん自身が相手にとって
セラピストです。またはクライアントです。

あなた自身が癒しであり反面教師といえます。

ヒーリングレンジャーは、その裏セラピー、
裏ヒーラーについて特化することを目標とします。

そしていつの日か、メビウスの輪のように裏が表に、
つまりセラピーやヒーリング、カウンセリング等を
必要としない方々の増加を希望します。




■在住者への言い訳:
***********************************************************************
当初のヒーリングレンジャーは、被災者に特化されています。

私自身の身近で起こった出来事のショックから、
何とかしなければ!という発言から始まりました。

そこから実地テスト、イベントを経験し、変化してきました。

被災者への想いに関連するイベントを停止しました。
パッケージ化なども検討してみました。

そして現在、かなり間隔をあけてトピ立てしています。


間隔が開いているのは、たぶん誤解が発生するだろう内容について
フォローするのが面倒だから。

というわけで、名称に「検討会」をつけ、より暴言を吐けるようにしました。
そして実はボク自身、「HR検討会」のほうが本来の目的に近かったりします。

ヒーリングレンジャーの当初の説明では、確かに誤解が生まれ
妙な期待も生じさせてしまったであろうことを否定しません。

というわけで放置していましたし、過去の経緯に後ろめたさもありませんので、
説明の末尾には相変わらず「当初の謳い文句」として掲載しています。


知らない誰かを対象としたコミュでしたが、ボク自身にはとても身近でした。
ですので対象も他人ではなく知人からのスタートでしたので、誤解は更に大きく(苦笑

どうしようもない想いをなにかにぶつけてみようという、とか
電波を強力にして、また共振させて、精度を高めよう、とか

そこらへんは、経緯より生じた目的ではあったけれど、きっかけではない。


とまあ。。くちゃぐちゃな思考の副産物として、現在の謳い文句を記します。
相変わらず説明ベタでごめんなさいね。


大きな変化期間であった数ヶ月を経て、
10%の同意すら得られない方は去ったでしょう。

そして今回も去る方がいらっしゃるかもしれない。

それでも継続の苦しさ(含む面倒くささ)に気が付いたので
もう暫くは手放さずにいようかと思います。

そのためにはとまっちゃいけない、かたつむりの歩みであったとしても
前に進まねば。。

ということで「HR」改め「HR検討会」、発進です!




■半年以内の発見:
***********************************************************************
一応明確な縛りのもとで立てるイベントを選択していたが
縛りを、その理由を明確に説明できていない。

心が千差万別である理由から、思考、思想のパッケージ化という
明確な方向付けは難しい(いや国家レベルや宗教レベルなら可能か?)

その名称にとらわれるのか、ボランティアと混同されがちなこと。
そしてそれらを目的にされる方と、ぶつかってしまう。
(子が親を想う気持ちにボランティアという単語が当てはまるなら
 ボクが間違っているのだろう)





■当初の謳い文句(2004/10):
***********************************************************************
ヒーリングレンジャー

新潟県中越地震をきっかけに開設した「ヒーリングレンジャー」は 、「その想いを被災地に伝えよう」という企画を具現化したものです。

何かが起きたときに、何かしたいけれども日常の仕事や学業に追われる毎日。
募金だけじゃない、心の支えになるような「何か」をしたい。


被害に遭われている方々を想う気持ちや、迅速な災害復興を願う気持ちを、「安心」に変えて送信する。

それが、ヒーリングレンジャーです。

願いを1点に集中させることで皆さんの暖かい気持ちは確実に届くでしょう。
思い出したときで構いません。少しの時間でもかまいません。

テレビを見る・休憩する・お茶を飲む・・・
そのほんの少しの時間に、被災地に向けて祈っていただけないでしょうか?


あなたの気持ちが届くとき、被災された方々の心の痛みは緩和するでしょう。
あなたの気持ちが届くとき、ボランティアの方々の疲労も緩和されることでしょう。

それは心の余裕を生み出しより活発な復興作業を促進し、結果的に、二次的被害を最小限にとどめることに繋がるのではないでしょうか。


祈りを送ってくださろうとするあなたはヒーリングレンジャーです。
そっと心で祈る募金へのご参加をどうぞよろしくお願いします。
 

開設日
2004年10月29日
(運営期間4353日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
21人
関連ワード