mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 中央大学 F.C.N.R.

中央大学 F.C.N.R.

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年8月12日 18:38更新

アジアの大砲ことダエイ古谷(初代代表)が2002年に創設して以来、サッカー同○会、フー○バル、カント○ーズなどと共に中央大学の歴史を牽引する代表的なサッカーサークル。

週2回、大学のサッカーコートで初心者、経験者ともに和気藹々と、でもマジメに練習しています。

新入生大歓迎N.R.!!

だれか引き継げN.R.!!



【沿革】

2002
当時の経理研の仲間内で創設される。初代代表にダエイ古谷。

2003
当時の活動を裏付ける記述が残っておらず詳細不明。

2004
のちに伝説となる二人、雨の植田、怪我の笠井が入学。当時の代表、“小野さん”が失踪したため、若き二人を中心にチームの再建を図る。

2005
植田、笠井の再建努力の結果、部員数が10倍となり、一気に中規模サークルと化す。しかし、同時に失ったものも多く、“社長”の辞任(事実上の解任ともいえる)を始め何名かが方向性の違いから退部(フェードアウト)。「『こんなはずじゃなかったのに』騒動」と呼ばれるこの一件で、新生N.R.が幕を開ける。

2006
大会合宿、飲み会、追いコンとサークルに必要とされるステータスを次々に取り込み一気にその名を大学(のミニサッカー場)に轟かせる中、植田、笠井両氏が名誉職に就き、後任に、10点差からの『まだ負けてねぇよ!』発言で注目を浴びた、なんちゃって帰国子女KJが就任。部員を大幅に減らすと同時にN.R.の暗黒の時代が幕を開ける。

2007
大幅に減少した部員数の影響もあり、活躍の場をフットサル、ソサイチ(7人制サッカー)に移す。これが吉となり、徐々に成績が向上。ついにグリーンカップで優勝を飾るものの、人材不足による経営悪化の責任をとり、KJが辞任。(『膝が治らない』を理由に名誉職を辞退。)劣悪な環境の中で着実に力をつけてきた若手のホープ、ホーリーが新代表となる。

2008
ムダを排除した『小さなサークル』路線を継続したホーリー政権だったが、リーマンブラザーズの破たん、それに伴う不況、さらには毎週雨という不運も重なりスタートダッシュに失敗。しかしその後は、既存メンバーとの結びつきを重視した友愛路線に切り替え、その流れを組んだbantaku(または、たくまろ)が新代表となる。華の05年入学組も卒業となり、第二次N.R.体制が本格的にスタート。

2009
メーリスを中心としたマーケティング戦略を武器に新入部員を増やし、復活の兆しを見せる。しかし、学内には部内の膿ともいえる05年入学の留年組が依然大学に在籍するなど懸念点も多い。

2010、そして未来へ。
今後のキーとなるのは、部内に残るshynessのアイデンティティを取り除いた上で、女性の活用、新入部員の勧誘だろう。現在は中小規模のサークルに留まっているが、持ち前の頭脳を生かし、中央大学の顔となるようなサッカーサークルに変化を遂げてくれれば幸いである。



大丈夫、君たちにはできる。

我々が輩出した偉大なOB、KJ元キャプテンはこんな言葉を残している。



『まだ負けてねぇよ!』

※10点差で負けている状況で。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2005年12月27日

4198日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!