mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > カルロ・マリア・ジュリーニ

カルロ・マリア・ジュリーニ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月16日 09:05更新

本日より、管理を前管理人様より引き継がせていただきました。

基本的に、コミュの流れは参加者の皆様にお任せいたします。ジュリーニコミュに集まる皆様におまかせすれば、おだやかな流れが続くものと思料します。

皆様、まったりいきましょう。

以下、引き継がせていただいた説明文章です。

カルロ・マリア・ジュリーニ(Carlo Maria Giulini, 1914年5月9日 - 2005年6月14日)は、イタリア出身の指揮者。世界的な名声と比べて、特定のポストに就いていた期間が短く、孤高の巨匠として知られる。緩やかなテンポに溢れんばかりの歌謡性が盛り込まれた、高貴な表現が特徴である。

北イタリアのバレッタに生まれる。サンタ・チェチリア音楽院に学び、ヴィオラ奏者として出発している。ヴィオラ奏者時代には、客演したブルーノ・ワルターなどの当時の大指揮者の指揮に触れる機会を得る。

1946年 - ローマRAI(イタリア放送協会)管弦楽団首席指揮者。
1950年 - ミラノRAI管弦楽団首席指揮者。
1953年 - ミラノ・スカラ座の音楽監督となるも、1956年に辞任。
1969年 - シカゴ交響楽団の首席客演指揮者。
1973年 - ウィーン交響楽団の首席指揮者。
1978年 - ロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督。このときチョン・ミュンフンがアシスタントを勤め、副指揮者となっている。
1984年 - 夫人の病気のためロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督を辞任。
以後、フリーの指揮者としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団などヨーロッパの名門オーケストラに客演する。

1998年に指揮活動から引退。ミラノに在住していた。

ジュリーニは39歳で名門ミラノ・スカラ座の音楽監督に就任し、EMIと契約してフィルハーモニア管弦楽団と多数の録音を残すなど早くから活躍しているが、日本において名声を確立したのは、シカゴ交響楽団と録音したシューベルト、ドヴォルザーク、ブルックナー、マーラーの各交響曲第9番のいわゆる「第九」シリーズが発売され、ロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督に就任した1970年代後半になってからである。

ジュリーニの録音は、フィルハーモニア管弦楽団やウィーン交響楽団、客演時代のシカゴ交響楽団など比較的初期のものがEMIレーベルに、シカゴ交響楽団やロサンジェルス・フィルハーモニック、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などとの演奏がドイツ・グラモフォンレーベル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、バイエルン放送交響楽団などとの演奏がCBSソニーレーベルに残されている。また、BBCレジェンドレーベルよりイギリスでのライヴ録音が発掘されている。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 244人

もっと見る

開設日
2005年12月25日

4167日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!