mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ジョン・海山・ネプチューン

ジョン・海山・ネプチューン

ジョン・海山・ネプチューン

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的に幅広く活躍しているカリフォルニア生まれの尺八アーティスト。その洗練された音色は、私たち日本人の心にしみ込んでいく。日本人より、日本人の彼は、千葉県鴨川市在住。

尺八は、ネプチューン・印が入った手作り品でその製作にも妥協を許さない。オリジナル・サウンドはまさに、西洋・東洋の癒合。

音を静かに的確に奏でる彼は、「一音成仏」、一つの音がいい、一つの音でいい、一つの音で足りる、この信条を持ち続けている。

彼は、1951年11月13日カリフォルニア州オークランドに生まれ。高校時代トランペットを吹き、その後ロックバンドでドラムスを叩いた。その後、ハワイ大学民族音楽科に進学し、尺八の音色が、西洋の楽器には無い五つの穴だけで「とっても、跳んでる音」に魅了されていく。
1973年に、彼は、京都に短期留学している。学位を修めた彼は、1977年、改めて京都に移り住み、一年半後、尺八都山流師範免許と共に雅号「海山」を授与された。
彼の名を広く知らしめたのは、第三作「バンブー(竹)」。この作品で彼は文化庁の昭和55年度芸術祭優秀賞を外国人アーティストのジャズ・アルバムで獲得した。初の快挙である。

1980年代を通して、ジョン・海山・ネプチューンは尺八と他楽器のコラボレーションをテーマにツアーとアルバム制作を続けた。
初期の出色作「ミックスト・バッグ」や「ウェスト・オブ・サムウェア」では、ジャズ的なリズム・セクションに再傾倒し、 ジャズ・フュージョンという初期の試行錯誤の後、西洋と日本の音楽の影響を基調に、世界の多様な音楽文化に着想を得たアコースティック・アルバムを作りはじめた。
「ダンス・フォー・ザ・ワン・イン・シックス」(82)「サークル」(85)では尺八・ピアノ・ベースと、インド楽器、邦楽器の出会いを試みている。1987年の「Jazzen」も同編成だが、ラテン系パーカッション、ビブラフォン、マリンバの起用により、ラテン色が濃くなっている。
1991年、ネプチューンは琴3名とパーカッション2名からなる異色のバンド「トウキョウスファー」を結成。レコーディングとツアーを行った。 この竹笛の達人は1992年作品「カイト」でクラシック・ギターのゲオルグ・ラヴァルとモダン・ストリング・カルテットを共演に迎えた。ドイツのオーベルレンニンゲルの教会で収録されたこの作品は「ビルボード」「スイング・ジャーナル」両誌で絶賛され、その才能は世界で認められたのだ。

「リバー・リズム」の制作ではインドのマドラスに赴き、インド楽器と現地ミュージシャンと組んで異国情緒豊かな音を作った。

そして、忘れてはいけないのが、ウドゥブー。「インドのタブラを勉強したかったんだ」と振り返る彼の心は、孟宗竹を改良し独自のパーカッションの世界を創りあげ商標登録にも成功した。

是非、彼の堪能なおしゃべりと生の音を聴いてみてください。

ジョンさん公認公式HPです。
http://www.pacificsites.com/~jneptune/jp/

開設日
2004年10月28日
(運営期間4355日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
114人
関連ワード

オススメゲーム

チケット情報

チケット

ネプチューンのチケット

チケット出品&リクエスト受付中

人気コミュニティランキング