mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 縄文考古学

縄文考古学

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年8月30日 14:46更新

縄紋時代観はまたもや見直されつつある。これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!
文献資料のある歴史時代に比べれば縄紋時代は暗黒の時代である。にも関わらず今日まで熱心に研究が進められてきたのは何故か!そこには考古学の王道があるからだ!
モースが大森貝塚を発掘してから130年、我々考古学者がなんど資料不足という壁に跳ね返されたであろうか。我々の不断の努力を、縄紋人が喜ばざるはずがない。
かつて見直された縄紋時代観は再び見直されつつある、何故だ!
三内丸山や寺野東発見からのブームをはじめとする、豊かな縄紋時代像からの揺り戻しは落ち着いた。しかし、大切なことを見落としてはいないだろうか。三内丸山遺跡の発掘は続いている。寺野東遺跡も再び発掘されている。さらに、縄紋時代観は未だ確定していない。揺れはまだ続いているのだ。
全点ドット、民族調査、土壌水洗、実験考古学…我々は研究手法を増やしつつある。発掘調査もなくなることはあるまい。
我々は遺跡を守る人間であると同時に、解体する人間でもある。ならば、その解体によって最大限の資料を手に入れるのが我々の責務ではあるまいか!その資料を最大限に運用するのが我々の責務ではあるまいか!縄文時代観を描けるのは、縄紋時代を愛する人間だ。それが、我々である!

といった、堅苦しいことは抜きにして、企画展や現説の紹介から新しい調査・研究法の検討まで、色々なことを気兼ねなく話せるコミュニティになればな、と思います。
ミクシィ上でも縄紋時代(研究)を盛り上げていきましょう。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 435人

もっと見る

開設日
2005年12月25日

4288日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!