mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 哲学としての攻殻機動隊

哲学としての攻殻機動隊

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月3日 17:42更新

1989年5月より「ヤングマガジン海賊版」に連載される。1995年映画化、2002年テレビ版放映。「時代がやっと作品に追いついた・・」という称賛とともに、まさに原作発表より13年の年月を経てのリバイバルである。テレビ版が放映された2002年にあっては既にブロードバンドが普及し、攻殻の時代背景である「ネット社会」に対して実感をもってリメイクした「現代から地続きの近未来」という手つきにはとても共感を覚えた。
攻殻機動隊の魅力の一つに、エスカレートしたネット社会を描くことによって現代社会がはらんでいる問題を浮き彫りにしている見事さがある。その他の事象に過ぎたSF色を施すことは、問題の趣旨をいたずらにぼやかすだけだとかねてより考えていたからだ。
しかしエスカレートしたネット社会、特に電脳化などという技術はあくまでもいつ実現するともわからぬ絵空事であり、テレビ版に見られるような、パソコンを頭の中に入れてみました、的な描き方はわかりやすくはあるも、原作が真に示唆する問題に対する理解を困難にしたのではないかという疑問が残る。
原作が語っているのはネット社会の功罪などではなく、徹底的に情報化された社会という光を開闢依頼の人間の営みにあてて、その意味を探ろうという思考実験である。
ぜひ諸氏と論議を交わす中で私の中で漠然としている原作が真に示唆する問題に具体的な結論が導かれんこと切に願う。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2010年5月28日

2706日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!