mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 乳酸球菌カワイ株

乳酸球菌カワイ株

乳酸球菌カワイ株

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月27日 18:37更新

乳酸球菌カワイ株のコミュニティーです。


河合博士が1974年に米国より帰国して以来、5年半の長期に渡り研究され発見されたのがこのカワイ株です。
 河合博士は、アメリカ・ピッツバーグ市のマーシイ病院でガンウィルスの研究をされていた時に、悲惨なガン患者を見るにつれて、治療医学では人間の病気は治らないと強く心に銘記し、予防医学の見地から副作用がなく、且つ人間の健康に大きく役立つものはないかと考え、「腸内細菌と老化」というテーマのもとに多数の部下と共に研究を続け、ついに健康な人の腸内からこのエンテロコッカス・フェカリス・カワイ株を発見し、その研究成果は、1984年の動脈硬化学会のシンポジウムに招待され講演されました。その成果が余りに画期的であったため読売新聞の一面トップ記事はもとより朝日新聞、毎日新聞を初め全国25の新聞に掲載されました。又、世界的にもメディカル・トリビューン紙に取り上げられ、一躍世界的研究として評価されました。


乳酸球菌カワイ株とは?

●乳酸球菌カワイ株は、「河合康雄博士」が腸内細菌が人間の健康に深くかかわる有用性に着目し 人間の腸内に存在する 「14000株以上」の乳酸球菌を長期にわたり1株づつ検証し、最も優れた菌として1984年に学会発表、更に培養方法の確立と製法特許を取得した画期的な乳酸菌です。



●発見は、河合博士の名に因みエンテロコッカス・フェカリス・カワイという学術名で論文発表され、画期的な発見として、読売新聞1面並びに日刊各紙・海外紙でも報道され脚光を浴びました。



●カワイ株の特徴は、加齢と共に減少する腸内細菌を00〜10000倍に増殖させる働きがある事を科学的に実験・検証しております。

【商品詳細URL】

http://kawaikabu-hanbai.com/default.aspx


河合博士より

特に最初に述べておきたいのは、私の基本的なアイデアである。私のカワイ株は全て死菌体であり、生菌ではない。
生菌体はヒトの腸管に入って胃(胃酸)で50%〜70%死んでしまう。そして生き残った菌体は僅か13mの腸管を通過するだけなのである。だから、整腸剤にしか過ぎなかったのである。 死菌体は物質であるので、全ての毛細血管やリンパ球などから吸収され、血管を通してヒトの体の隅々まで浸透して行く。毛細血管の長さは約10万km(地球 2周半)である。だからこそ、カワイ株が種々病気に対して顕著な治療や予防・効果のあることが判明してきたのである。

現在、がん・心疾患・脳疾患・糖尿病などのあらゆる成人病が 急増しつつあります。それは一つには食事の西欧化。つまり簡単に云えば、脂肪の多い食事の取りすぎです。私が『予防医学』に目覚めたのは約30年前、米国ピッツバーグ市マーシイ病院のがん研究室でした。ガン患者の悲惨な姿を目の当たりにしたとき、予防医学しかないと心の底から感じました。そして安全で、効果のある予防医学食品の開発を目指して 腸内細菌の研究に没頭しました。健康な人間の中に住んでいる腸内細菌(100兆個)の中にはきっと素晴らしい菌がいるに違いないと信じ日夜研究しました。そしてエンテロコッカス・フェカリス・カワイ株を発見ししかも、生菌よりも死菌の方がずっと 成人病に効果のあることが分かりました。世の中で予防医学の重要性を云うことが 当たり前の時代になりました。しかし、何を持って予防医学を行えば良いのでしょうか?私はその答えを発見しました。そして皆さんの手に渡すことができました。病気は気がついてからでは遅いのです。どうぞこのエンテロコッカス・フェカリス・カワイ株によって健康な日々を過ごし、楽しい人生をお送り下さい。それが私の人々への奉仕であり、願いです。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2010年5月28日

2381日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!