mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ニッポン公共事業物語

ニッポン公共事業物語

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年3月25日 00:31更新

今、公共事業にこれまでにない注目が集まっている。
民主党政権が「コンクリートから人へ」の方針の下で公共事業離れを明確に打ち出す一方、地方では道路の建設継続の声が今なお根強く残るなど、国民の間で意見が分かれている。
公共事業は、これまで新幹線や東名、名神高速道路に代表される社会の基盤を作り上げてきた。
一方で、建設経費がかかりすぎたり、完成まで長い年月がかかりすぎたりと、決して成功とは言えない公共事業が繰り返されてもいる。
これまで、日本人は、公共事業によって何を生み出し、またどのような過ちを犯してきたのだろうか。
今に残る公共事業の足跡を訪ね、その功罪について考え、そして、理想の公共事業を探っていく。



【NHK 歴史は眠らない(5月)】
http://www.nhk.or.jp/etv22/tue/
本放送 毎週火曜 午後10時25分〜10時50分(教育テレビ)
再放送 翌週火曜 午前 5時35分〜 6時00分(教育テレビ)


《語り手》
堺屋太一 Sakaiya Taichi 作家
1935年、大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業後、通産省入省。
1970年に大阪で開催された日本万国博覧会を提唱・企画する。
1975〜76 年の沖縄国際海洋博覧会も担当。
78 年に退官して以後は、イベント・プロデューサーとして数々の博覧会のプロデュースを手がけるともに、作家・評論家としても活躍。自民党の小渕恵三内閣、森喜朗内閣で経済企画庁長官を務めた。
現代社会や近未来を描いた小説『油断!』『団塊の世代』などのほか、『峠の群像』『秀吉』『豊臣秀長――ある補佐役の生涯』などの歴史小説も手がける。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2010年5月18日

2742日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!