mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Chris クリス・ブラウン

Chris クリス・ブラウン

Chris クリス・ブラウン

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月21日 10:14更新

音楽コミュ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3035058&id=56049877
にも、ご参加・コメントお願いします。


“The Future of R&B”

“ネクスト・キング・オブ・ポップ”

Chris Brown(クリス・ブラウン)が好きな人。

ご参加お待ちしています。


破天荒でやんちゃ小僧だけど音楽センスは抜群のクリスは、バージニア州の田舎町で生まれ育った。元々はヴォーカルではなくラッパー志望だったとか。

13才の時、新しいタレントを探していた地元プロダクションのスカウトが、クリスの父親が働くガソリンスタンドに立ち寄った事で発掘された。

16才で出したデビューアルバム『クリス・ブラウン(2005年)』のシングル「ラン・イット!」はBillboard Hot 100で1位を獲得。アルバムもアメリカで200万枚を売り、RIAAよりダブル・プラチナの認定を受ける。

3枚目のシングルである「ギミー・ザット」はリミックスとしてラッパーのリル・ウェインをゲストとして迎えた。(リミックスはオリジナルアルバムには収録されていなかったが、後に発売された別バージョンに収録。)シングルはアメリカのビルボードに1週目に80位でデビューし、その後急速にランキングを駆け上がっていった。最高位15位。それに続く4枚目のシングルは「セイ・グッバイ」で、映画『ステップ・アップ』のサウンド・トラックにも起用された。

翌2006年にロンドンで開催されたワールド・ミュージック・アワードでは、マイケル・ジャクソンへのトリビュート・パフォーマーにマイケル本人の指名によってクリスが選ばれ、マイケルの世界的ヒット曲「スリラー」のパフォーマンスを行った。
同年、人気TVドラマ「The O.C.」 にも出演。

2009年、第51回グラミー賞のプレパーティーの帰りに恋人で歌手のリアーナへの暴行事件を起こす。車内で口論となり、暴行を加えてその場から立ち去ったが、後に出頭。クリスはグラミー賞に2部門ノミネートされており、授賞式でのパフォーマンスが予定されていたが欠席。リアーナもやはり欠席した。

3rdアルバム、「Graffiti(グラフィティ)」収録のシングル「Crawl(クロール)」の中では、「俺たちは這って行く、また歩けるようになるまで」とブラウンは歌う。「そして俺たちは走る、飛べるくらい強くなるまで/そして俺たちは飛ぶ、風がなくなるまで/だから這って行こう、這って、這って、愛に戻るのだ」と。全米で放映されたテレビ番組で、「Crawl」のミュージックビデオを初公開したブラウンは、「自分の恋愛について歌ったわけではないよ」とMTVNewsに伝え、「心の傷から前進しようという普遍的なメッセージ」と言うが、リアーナをイメージしなかったリスナーは少なかっただろう。


  アルバム一覧

クリス・ブラウン - Chris Brown(2005年)
エクスクルーシヴ - Exclusive(2007年)
グラフィティ - Graffiti(2010年)


  映画出演
ストンプ・ザ・ヤード Stomp The Yard(2007年)
ディス・クリスマス This Christmas(2007年)
Phenom (2008年)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 903人

もっと見る

開設日
2010年5月12日

2404日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!