mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > @神道夢想流杖術@

@神道夢想流杖術@

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月23日 03:39更新

晴れ夢想権之助先生
夢想 権之助(むそう ごんのすけ、夢想權之助)は
江戸時代初期の剣客である。生没年は不明。
また、杖術として有名な神道夢想流杖術の流祖である。
同流の口伝では名字は山本、諱は勝吉である。『武芸流派大事典』
(綿谷雪、山田忠史)によれば本姓は平野、通称は権兵衛。
『武芸流派大事典』によれば、霞流の桜井大隅守(諱は吉勝)が師、弟子は小首孫右衛門(諱は吉重)
夢想権之助は宮本武蔵に敗れたとされている。時期は『海上物語』
(惠中(堤六左衛門 諱は坂行)、寛文6年(丙年)弥生(1666年3月))では武蔵が明石滞在時、『二天記』(安永5年(1776年)、
なお元となった『武公伝』に記載はない)では、江戸滞在時である。
当流の口伝では、後日に権之助が宝満山の竈門神社で祈願し杖術の研究を重ね、再び武蔵と立会い、ついに破った後に開いたと伝える。
『武稽百人一首』では「武道をば神の夢想ぞ権之助自らゆるす
天下一の名」とよまれている

晴れ神道夢想流杖術
神道夢想流杖術(しんどうむそうりゅうじょうじゅつ)は、杖術の流派のひとつ。
流祖は夢想権之助勝吉(通称は夢想權之助、姓は山本、諱は勝吉)。
江戸時代には真道夢想流棒術、新当夢想流棒術という名であった。
神道流剣術を含む。
現在は一達流捕縛術、一角流十手術、一心流鎖鎌術、中和流短剣術が併伝されている。
『海上物語』と『二天記』では、夢想権之助は宮本武蔵に敗れたとされているが、当流の口伝では、後日に権之助が宝満山の竈門神社で祈願し杖術の研究を重ね、再び武蔵と立会い、ついに破った後に開いたと伝える(二度目は引き分けとも)。
道歌に「疵つけず 人をこらして戒むる 海┐肋鵑痢,曚にやはある」(平野國臣)とある。
江戸時代初期に成立して以来、福岡藩で主に下級武士が学ぶ捕手術である「男業」のひとつとして伝えられてきた(神道夢想流杖術に併伝されている一達流捕縛術、一角流十手術、一心流鎖鎌術も男業であった)が、
明治維新後、24代の統である白石範次郎や内田良五郎(内田良平の父)らによって全国普及の端緒が開かれ、昭和に入って白石の弟子、清水隆次、高山喜六、乙藤市蔵らによって本格的な全国普及が行われた。
杖術の流派では唯一、全日本剣道連盟に所属し現代武道である杖道の元となった。
そのため日本の伝統的な棒術・杖術の流派中もっとも修行人口が多く、
また、太平洋戦争の敗戦後、警察官がサーベルを携帯できなくなって代替する武器として警察が採用して以来、現在でも「警杖術」として正式に採用されている。
その技法の大要は突けば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも 外れざりけり と伝書に記される。 すなわち杖は突き、払い、打ちの千変万化の技を繰り出すことができるということである。

【検索用ワード】
杖道

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 26人

もっと見る

開設日
2010年5月7日

2454日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!