mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 小鳥たちのための読書会

小鳥たちのための読書会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年10月28日 16:34更新

自主ゼミ「小鳥達のための読書会」

★今までの課題図書

第一回 ジョン・ケージ『小鳥達のために』
第二回 柳田国男『柳田国男全集4』
第三回 J・G・バラード『終着の浜辺』
第四回 アンドレブルトン『超現実主義(シュルレアリスム)宣言』
第五回 アルバート=ラズロ・バラバシ『新ネットワーク思考〜世界のしくみを読み解く〜』

★今後の課題図書の案

スーザン・ソンタグ『反解釈』『良心の領界』
ハイエク『隷属への道』
フロム『自由からの逃走』

★その他の予定

・外部講師の講演
 →コンピュータ:ハードウェアについて

・ポエトリーリーディング再考
 →ライブ形式(笑)
 →ビートニク

不定期ですが、課題図書を決め、各自読書、Web上に各自小論をUPし、各自互いの小論を読んでおき、その後サロンを開き課題図書をテーマにしつつ脱線しつつ、酒を片手に熱く議論。サロン後、各自Web上に結論をUP。
そんなことを月一サイクルでやっていこうという企画を考えました。

あるひとや、ある本をもとに、人が集い、人と本を紹介しあい、読みあって、語り合う。

願わくば月一くらいでで未知なる良質な本を読めて、しかも小論を書かなきゃいけないから熟読。書く事で文章力、表現力が鍛えられる。
さらにサロンで口頭の表現力、プレゼン力も鍛えられる。
面白い人たちから熱い批判もうけられる。
議論の力も鍛えられる。

そして、そんな有意義な活動を通して、関係をつなぎ止め、仲良くなれる。

しかも専用WebSiteには読書会の記録が、活動の記録としてと同時に、良質の書籍評論/紹介サイトとしてアーカイブされていく。

それでその計画に興味を持っていただけた方とのコミュニケーションの為にコミュニティを作ってみました。
コミュニティ参加=読書会参加 というわけでは無いので興味さえあればコミュニティには気軽に参加してください。
読書会にROM参加(つまりこっそり課題図書読んで小論よんで楽しむだけとか)なんてのもありなので、そう言う方も気軽にコミュニティに参加してください♪

立ち上げメンバーは、早稲田大学建築学科の3人。
だけどこれからメンバーを多学科、他大、他分野に広げていく予定です。

こんな少ない情報で興味を持ってくれるひとがいるのかは謎ですが、
興味を持っていただけた方は連絡ください。
参加しない前提でも良いので、メッセージください。

第一回課題図書は、立ち上げメンバーにより、
ジョンケージ「小鳥たちのために」に決定させてもらいました。
第一回という事で、
名著と呼べる作品でありながら、とにかく読みやすく、
分野を限定せず、表面的には軽く、でも考え甲斐が多分にあるということで選びました。

次回以降の課題図書ですが、まずは「名著」と呼ばれるものから読み進めようと言うことになりました。
名著と呼ばれるもの、をテーマに参加者みんなでブックリストを作り毎月のサロンで、ブックリストからか新たに参加者の提案から次の月の課題図書を皆で決めます。

以下、読書会自体への参加方法です。
1.課題図書を入手すればその時点で誰でもエントリーできる。
2.小論をUPすれば、誰でももう少し深く参加できる。
3.サロンに参加すれば、誰でも更に深く参加できる。

ただしサロンへの参加はサロン参加者から招待されたひとのみ。
つながりの無いひとでもサイトに面白い小論をUPすれば、サロン参加者から当然に声がかかるとおもうので問題無いのでは。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2005年12月21日

4376日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!