mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > マルキ・ド・サドの調教哲学

マルキ・ド・サドの調教哲学

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月15日 22:45更新

愚かな道徳家に教え込まれた戒めを捨て去り、自由奔放な花の道を行け!


フランス・エロス文学界の極北マルキ・ド・サドの「閨房哲学」を原作に、イタリアの鬼才監督アウレリオ・グリマルディが放つ究極の官能映画。
絵画の中に入り込んだ様な美しすぎる映像に酔いしれてしまった方、ぜひご参加下さい。

※トピック作成はご自由にどうぞ。

CAST
サーラ・サルティーニ
アントネッラ・サルヴッチ
ヴェレリオ・トンボーネ
サルバトーレ・リッツィオ

監督・脚本:アウレリオ・グリマルディ
脚本:ミカエラ・ラ・フォッコ
原作:マルキ・ド・サド『閨房哲学』河出書房
新社刊撮影:マルコ・カローズィ
音楽:マリア・ソルダティーニ
衣装:バレンティーナ・アルクーリ
製作:ウーゴ・トゥッチ


検索用
マルキ・ド・サド、アウレリオ・グリマルディ、官能映画、フランス文学、イタリア映画、背徳、調教、R-18、イタリア語、中世ヨーロッパ

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 3人
開設日
2010年3月30日

2521日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!