mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 情緒ISM

情緒ISM

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年5月19日 00:46更新

日本は世界でも稀な「情緒と形式の文化」だと思います。
第二次世界大戦までは良くも悪くもその情緒が保たれていましたが、敗戦による価値観の崩壊で情緒の部分まで日本人の本質からズレたように感じます。

物理的には、古流剣術などの文化も失われてしまいました。
海外からも慕われている精神文化「武士道」も、今の日本では眉唾な印象を感じ得ません…

学問的な情緒に至っては、前世紀に日本が発したものを日本人自身が否定しかねない勢いです。

論理的思考は情緒的な部分にも重要なファクターだと思うのですが、論理だけに偏ると「行間」が見えなくなると思います。

有名な話ですが、川端康成の「雪国」の冒頭の一節で、「トンネルを抜けるとそこは雪国だった…」というのがあります。日本人はその一節を読んだだけで「ああ、トンネルの前後で風景がこんなにも違うと、自分は本当に雪深い国に来たんだなぁ」という追体験を想像上でおこなうことが可能です。

これを論理だけで考える欧米人に読ませると、「それで?」という答えが返ってくる事があります。彼ら論理主義者からすると、単に風景の描写に過ぎず、まだ物語は何も始まっていないのだそうです。

欧米は産業革命以降、文明の発展が目覚ましく、論理的思考で文明を築いてきました。それに伴う個人主義の台頭は情緒的な部分を排している状況にあります。

なので、彼らが「見たままの状況でしか判断できない」のも頷けると思います。

我々日本人は、元来、自然と共存する民族でした。神仏への信仰もそこから独自に発展していると思います。

欧米人から見た自然は、征服する対象です。
欧米のエコロジー活動を見ても、上から目線のエコにしか感じられません。
私は北海道の田舎育ちですが、自然はとても残酷で恐ろしい存在だと思います。
守ろうとか、征服しようとか、良く理解できません。

※極端な右翼的思想、左翼的思想、エコロジー・ファシスト発言はナンセンスといたします。






自分の勉強の為でもあるのですが、このコミュではどんなことでも構わないので「情緒的だと思われるような事象」を考察して行きたく思います。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 2人
開設日
2010年3月27日

2649日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!