mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Ruggiero Ricci(リッチ)

Ruggiero Ricci(リッチ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月11日 16:49更新

ルッジェーロ・リッチ

ルッジェーロ・リッチ(Ruggiero Ricci,1918年7月24日 - )は、アメリカ合衆国が生んだ名ヴァイオリニストのひとり。ルジェーロ・リッチとも表記される。少年時代から現在にいたるまでの長大なキャリア、前代未聞の厖大なレパートリーと録音量を誇る。

カリフォルニア州サンブルーノで、姓名からも明らかなようにイタリア系移民の家庭に生まれる。父親の手ほどきでヴァイオリンを始め、後にルイス・パーシンガーの愛弟子となる。

神童として頭角をあらわし、1928年にわずか10歳でヴィエニャフスキやヴュータンの作品を演奏してサンフランシスコで公式デビューを飾る。翌年にはメンデルスゾーンの協奏曲を演奏して、オーケストラと初共演を行なった後、カーネギー・ホールにおけるデビューでも大成功を収めている。

1930年代にベルリンに留学して、ゲオルク・クーレンカンプほかに入門、アドルフ・ブッシュ以降のドイツのヴァイオリン演奏様式を習得した。

1942年から1945年まで従軍しながら米軍の慰問演奏をつとめた後、1947年にパガニーニの≪24のカプリース≫の最初の録音を行なった。また除隊後には、19世紀の作曲家による無伴奏ヴァイオリン作品の発掘と演奏にいそしんだ。現代音楽の作曲家による多くの作品の世界初演を行なっており、ヒナステラの協奏曲などは録音も残している。

ソリストとして優に70年の演奏活動を続け、その間に65カ国において6000回以上の演奏を行なうかたわら、さまざまなレーベルから500点以上の録音を制作してきた。ヴァイオリン教師としては、インディアナ総合大学、ジュリアード音楽学校、ミシガン州総合大学などで後進を指導するほか、ザルツブルクのモーツァルテウム・アカデミーを筆頭に、欧米各地でマスタークラスも主宰している。楽譜出版社シルマーからは、左手の運弓技術に関する著書を上梓した。

愛器はグァルネリ・デル・ジェスだが、4度目のパガニーニの≪カプリース≫全曲録音においては、イタリアはジェノヴァ市よりパガニーニ自身の所有したグァルネリを貸与された。

リッチは、19世紀ヨーロッパの伝統的な巨匠様式を今日に受け継ぐヴァイオリニストと目されており、美音と華麗な演奏技巧、独特な楽器の歌わせ方が特徴的である。パガニーニやサラサーテを得意とする。一方、室内楽曲も好んで演奏しており、マルタ・アルゲリッチをしたがえてカーネギー・ホールで収録されたライブ演奏では、フランクとプロコフィエフのヴァイオリン・ソナタをとり上げ、とりわけ前者は、フランクのソナタの名演奏の一つに数えられている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2010年3月25日

2823日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!