mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 非対称戦闘 〜装備・戦術〜

非対称戦闘 〜装備・戦術〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月26日 02:34更新

世界情勢の変化に伴って、地上における現代戦の様相は大きく変化しており、
所謂、対称戦闘から非対称戦闘に変化した。

ここでは、彼我の非対称戦闘に特化した装備と戦術についての情報共有を通じ、
自国における防衛への関心を高める切っ掛けと致したく存じます。
(彼我:ゲリラと治安維持部隊)

序説

世界情勢の変化:東西冷戦 → 民族/宗教間紛争
      
戦闘形態の変化:対称戦闘(国家軍×国家軍) → 非対称戦闘(国家軍×ゲリラ)
          :欧州の平原 → 市街地/山岳地
          :遠隔・集中型 → 近距離・分散型

対象脅威の変化:対象脅威(ex.MBT) → 非対称脅威(ゲリラ,IED,EFP,地雷)

装備形態の変化:作戦主体 → 多目的・戦略機動性重視・・・防護重視

2003年のイラク戦争では、対称戦闘が行われ(米兵戦死者136名)装備の有効性が実証されたが、
2004年以降、反米武装勢力及び武力勢力抗争は激化し、2006年に米兵の死者が増加、現在5000名以上になる。
任務に当たる部隊の装備(車両)は、ハンヴィー,LAV-25,ストライカー,ブラッドレー,M1,MRAP等であるが、
M1やMRAP以外の車両は、脆弱性が高く、IED,EFP,地雷による被害は致命的である。
(但し、件数は少ないものの、M1やMRAPがタンデム配置の対戦車地雷や大型のIEDによって破壊されている)
現代の社会は、戦死者の許容度が極めて低く、帰還兵のケアが重要視されており、脆弱性の低い装備が望まれている。
MRAPは、そうした要求を満足する非対称戦闘に特化した車両であるといえる。
また、M1はTUSKを装備しRWS搭載も予定され、ブラッドレーはM3A3へのアップデート予定である。
現在、英国,独逸は老朽化した車両の代替にFRES-UV(英),GFF(独)を進めているが、
そのどれもが、戦略機動性重視から防護重視へと変化しつつある。

こうした諸外国の動向がある中、我が国はPKOに参加しており、戦闘地域における装備が適切であるかは大いに疑問である。
戦闘を経験しないという事が結果として最大の防護であるが、日の丸が付いていようが向こうはお構いなし、貫徹されたら何にも意味がないのである。

トピックは、非対称戦闘,装備,戦術,PKO等をキーワードにお作り頂いて下さい。
些細なことでも結構です。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2010年3月13日

2606日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!