mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 清い人生を探そう。

清い人生を探そう。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年3月31日 13:19更新

三人の我が子の成長を見てきて感じるのだが、普通の子供であるならば、子供が幼い時に「お母さん、これ何に?」「お母さん、これ何に使うの?」「お母さん、これどうすればいいの?」「お母さん、これ教えて?」とこのように一日に何十回もお母さんに問い尋ねることでしょう。これが正常な幼子の姿であり、幼子の命であり、幼子の魂を育てるのに一番重要な親子の命のやり取りです。「三つ子の魂百まで」と言われるように、この親子の問答のやり取りの結果が「幼子の一生を左右するほど掛替えのない大切で重要な永遠の精神と魂の栄養となるものである」と私は思っているのです。
 親が子を思う情よりも幼子が母親を求める情の方が遥かに大きいという事を思い知らされます。幼子は親に問い尋ね、親は子の問いに答える。特に、この幼子の時期にこの親子の問答の関係が正しく行なわれることが、幼子にとって人として正しく育ち、成長し、幸福に生き続けて行くのに、最も必要で重要な根本の土台となるものである。と私は思うのです。この親子間での問答の大切さを忘れているのが今の日本人ではないでしょうか。
 私は1977年の26歳の時から医療を志し、総合病院のリハビリ室長や東西医学を行なうクリニックで東洋科室長として心身総合医学に携わり、「心と精神と魂と病気の関係」を今日まで研究し続けて来ました。その結果、自分に「特別な感性」が発達しました。この感性が発達することにより、上手く自分自身を律することが出来て、事業も成功し発展して来ました。
私はその「特別な感性」を使って、先ほど述べた親子の問答のやり取りと同じように、一つのことを問い尋ね、一つの答えを与えられるという関係を築き、自分の生活の中で常に行なって来ました。しかし、私が問い尋ねる対象は母親ではなく、自らの良心であったり、その良心に働きかける無形なる世界の善霊人などであったり、そして、その良心の主体である神が対象であったりしました。そのお陰で、私は大変幸福な体験を沢山して来ました。
この「特別な感性」の一つの特徴としては、使い方によっては「自分自身を律する道具」として使えるという事です。もう一つの特徴としては、「幸福な人生の羅針盤」でもあるという事です。
 これは私の特技であり、奥義であり、大切な宝物であり、自分独りのものとして公にするのを控えて秘密にして来ました。
しかし、今のこの時代が余りにも倫理、道徳、秩序が乱れているので、今の時代を憂いて、より多くの人達にこの「特別な感性」を身に付けていただき、これを「自分自身を律する道具」として使う事により、その人が幸福になり、そして、少しでも今の時代が善くなり、今の時代に希望の光りが与えられて、より多くの人達に幸福になって頂きたいと思い、敢えて、この「特別な感性」を体得する為の方法を公表する事にしました。
このコミュニティーを通して多くの来訪者が「特別な感性」を体得することにより、自らの良心やその良心に働きかける無形なる世界の善霊人などや良心の主体である神様を知り、そこにチャンネルを合わせることにより幸福になれれば、良いと思っております。

コミュニティにつぶやきを投稿

イベント

参加メンバー 3人
開設日
2010年3月5日

2511日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!