mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > レーモン・ルーセル

レーモン・ルーセル

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月20日 16:52更新

レーモン・ルーセル(Raymond Roussel、1877年1月20日 - 1933年7月14日)は、フランスの小説家、詩人。奇想と言語実験的作品がダダイスト、シュールレアリスト達に高く評価された。「アフリカの印象」「ロクス・ソルス」、および言語の難解さで著名な「新アフリカの印象」などがある。

押井守が「イノセンス」にて描いた、ガイノイドの制作会社「ロクス・ソルス社」はルーセルの小説の名からきています。
元祖「独身者の機械」の生みの親です。現代日本における「おたく」は、もしかしたら近代的独身者の末裔なのかもしれませんね。

チューリップ作品一覧ブタ
Mon Âme 1897年(詩集)
「代役」La Doublure 1897年
「シックノード」Chiquenaude 1900年
「眺め」La Vue, Le Concert et La Source 1904年
「アフリカの印象」Impressions d'Afrique 1910年
「ロクス・ソルス」Locus Solus 1914年
Pages choisies d'Impressions d'Afrique et de Locus Solus 1918年
「額の星」L'Étoile au front 1925年
「塵のように無数の太陽」La Poussière de soleils 1927年
「新アフリカの印象」Nouvelles Impressions d'Afrique 1932年
「私はいかにして或る種の本を書いたか」Comment j'ai écrit certains de mes livres 1935年
「セーヌ」La seine 1994年(1900年執筆)
「結婚」Les Noces 1998年(1904年執筆)

日本語訳
『アフリカの印象』 岡谷公二訳、平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2007年
『ロクス・ソルス』 岡谷公二訳、平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2004年

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 42人

もっと見る

開設日
2010年2月27日

2522日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!