mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 劇団「ライフ」

劇団「ライフ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年8月9日 15:06更新

ドラマ「ライフ」を愛する人たちのコミュです。(半ば強制的に入れたメンバー多数)
管理人が勝手に役割設定決めましたので宜しくお願いします!
今後は「ライフ」に限らず、アゲドラマを挙げていって、役割分担を決め、楽しみましょうあっかんべー

メンバー紹介(wikipediaより引用)右の言葉は選考理由

椎葉歩:募集中 (北乃きい)
このドラマの主人公。愛称は「アユム」。優しく思いやりのある少女。中学時代自分のみが西舘高校に合格した事で親友の夕子との友情が崩壊してしまい、夕子を自殺未遂にまで追いやってしまった事がトラウマとなっている。高校入学後も複雑な人間関係の中で様々な人物と関係が悪化し、一時クラスのいじめの標的となり精神的にも追い詰められる。だが、自分に対するいじめに立ち向かい、また未来や薗田と真の友情を築き上げる中で、かつての弱かった自分から強い自分へと成長していく。

安西愛海:歩巻(福田沙紀)
このドラマのもう一方の主人公。愛称及び一人称は「マナ」。父・大治郎が県会議員兼会社社長で裕福なため並外れたお嬢様育ちである。しかし実は家庭の中でも孤独な存在で、心の中では孤独感、寂しさを感じており、誰かに構ってほしいという切なる願望から、自分が気に入らないと感じた人間をいじめのターゲットとしていた。最初の内は親友だった歩に対して佐古を盗ったと誤解した事から彼女へのいじめの主犯格となり、様々な卑劣な手段を用いて歩を追い詰めようとする。その一方で、「友だち」になるために自分から接近した人間を自分の「駒」として利用していく中で自ら人間関係を壊していくこととなる。

佐古克己:hdk(細田よしひこ) 難しいキャラなので
愛海の彼氏。歩らの隣のクラス、1年3組の生徒。父親に性格づけされて育ち、父の会社のため愛海と付き合うよう強制されてきた。周囲からは優等生として扱われるが、少女監禁・緊縛趣味などサディストとしての性癖を暴露したり、戸田を利用したりなどして歩の頭痛の種となった。しかし後に歩の母・文子が父の会社に怒鳴り込んできた事から父に性癖を知られ、更に戸田と付き合っていた事を愛海に知られて彼女の報復に遭い、遂には父から会社が倒産した腹いせに暴力を振るわれた際に父を刺して逃亡し、これを期に精神を病んでしまう。その後、逃亡途中で再会した戸田に利用するために付き合っていただけだと真実を告げ、その翌日に歩のクラスの教室に現れて「愛海のせいで人生がめちゃくちゃになった」として愛海を殺そうとするが、薗田に止められて警察に逮捕された。エピローグの場面では、精神病院に入院していると思われる描写がある。

薗田優樹:ソノ(北条隆博)  名字が本人と一致のため
物静かでとても勤勉な性格。クラスでは歩と共に園芸委員を務める。アキラにいじめられて不登校となり、1年留年した過去を持つ。当初は心を閉ざしていたが、後に歩の味方となり未来を含めて3人でいじめに立ち向かっていく中でたくましくなっていく。
本編では歩、未来以外との交友関係は全く無いが、スクールライフでは主要人物を除いたクラスメート(石井や遠藤、みどり、里絵など)と仲が良さそうな描写もある。またスクールライフで実は成績が悪い事も明かされている。

羽鳥未来:hiroki(関めぐみ)  客観視できるため
歩のクラスメートで歩の憧れの人。他人の目を気にせず、一人で自分のしたいことを黙々とこなす精神的強さを持つ。経済的に苦しいため複数のアルバイトをかけもちして生計を立てる一方で、学校の成績も常にトップクラスの努力家。いじめに対して常に歩に寄り添い励ます精神的支柱となって薗田とともにいじめに立ち向かう仲間となり、自身も歩に影響を受けて変わっていく。

(いじめメンバー)
廣瀬倫子:まっつん(星井七瀬) 不安定 
愛称は「ヒロ」。ファッション雑誌のコーナーに載ったことを愛海に妬まれて愛海グループ最初のいじめの標的となり、この時愛海の顔色をうかがって自分を無視した歩に憎悪の念を抱く。その後歩が佐古の家に入って行く所を携帯電話で録画し、それを愛海グループに見せたことで信頼を取り戻し、愛海グループの一員となる。その後はグループの中でも歩いじめの中心的役割を果たすが、愛海とアキラが電話で会話していたのを聞いたことで愛海がアキラと組んでいた事を知り、愛海を避けたいという願望を抱く。その後愛海にその事を悟られた為、いじめが再び自身に降りかかることを恐れて投身自殺を図ったが足の骨折のみで一命を取り留めた。後に歩と和解するが、愛海の脅迫により、夏休み明けの学校で「自分が歩いじめの主犯」という虚偽の告白をして謹慎処分となる。

岩本みどり:イルカ(末永遥 )  最後の台詞言いたい&BAKAなため
愛海グループの一員で最も忠実に愛海に仕えた。語尾に「〜じゃねえよ」と付ける等乱暴な言葉を用い、嫌悪な仲の石井(後に新グループに入った事で対立は無くなる)とつかみ合いの喧嘩をするほど気が強い。中学生の頃万引きの疑いをかけられた所を愛海に助けてもらったことから愛海を信じており、後にグループのメンバーや今まで味方だったクラスメート達が次々に離れ、愛海がいじめられ始めても唯一愛海の下に残って彼女を庇い続けた。だが歩と愛海の会話を偶然聞いた際に愛海の一言から自分が利用されていた事を知って遂に離反し、新グループのリーダー的存在となる。

信川美紗: tac
ドラマオリジナルキャラクター。
愛海グループの一員で、グループの中でも里絵とは信頼し合える親友。里絵と同じく自分の地位を上げるために愛海グループに入ったが父親を利用してまで歩を追い詰めるなど徐々にエスカレートしていく愛海の卑劣な行動についていけなくなり、彼女に恐怖心を抱くようになった。その後里絵と共にグループを抜けようと画策したが、夏休みの愛海グループでの旅行を拒否した際に電話で里絵に自分の本心を打ち明けたのを愛海に聞かれてしまい、次は自分が愛海のいじめの標的になると察して逃げるように転校する。

<後ほどイジメキャラ>
佐藤礼奈:よう(平野早香 ) 計算高いため
眼鏡をかけた二つ縛りの女子生徒で、雪乃といつも2人で行動していた。当初は愛海に憧れて歩いじめでは愛海の味方についたが、廣瀬の自殺未遂によりクラス内で愛海の形勢が不利になると手の平を返して徹底的に愛海を不利な立場に追い込もうとし、最終的には雪乃から離れて里絵と新グループを結成し、愛海いじめの主な実行役となる。

<イジメ反対派>

門倉雪乃:Dice-k
ドラマオリジナルキャラクター。
眼鏡をかけたショートカットの女子生徒でいつも礼奈と2人で行動していた。優しい性格でいじめの事を快く思わず、平岡に歩や廣瀬に対するいじめを告白したり、カンニング偽装事件の際に戸田に「先生もいじめの加害者です!」と糾弾したりと努力するが、いじめの標的が愛海に変わっただけで何も変わらなかった。しかしその後もいじめに一切参加せず、歩・未来・薗田を除いた中で唯一いじめに参加しないクラスメートとなり、最終的には愛海いじめグループを結成した礼奈やいじめに加担するクラスメートから離れ、一人で行動する様になる。


(西舘高校の職員)

戸田和佳絵:募集中 (瀬戸朝香)
1年2組の担任。担当教科は英語。生徒同士の問題には介入せず、あくまでも事なかれ主義を貫かんとする「サラリーマン教師」であり、自分とは対照的に生徒に対して熱心な副担任の平岡を疎ましく感じ、辛く当たる。佐古から父親からの暴力のことを相談されたのをきっかけに彼と付き合い始めるが、後に佐古と付き合っていたことを愛海に知られて彼女に脅され歩にカンニングの濡れ衣を着せることになってしまう。その後父親を刺して逃亡していた佐古と再会したが、佐古に警察に自首するよう勧めた際に彼の言葉から自分が利用されていたと知る。最終的にこのことがきっかけで目が覚め、教員室に乗り込んできた文子に歩にカンニングの濡れ衣を着せた事を告白し、文子と歩にこれまでの自分の行いを謝罪した。その後、責任を取り退職した模様。

平岡正子:募集中  (酒井美紀 )
1年2組の副担任。担当教科は古典。元々は会社員として働いていたが、教師になりたいという夢が捨てきれず、採用試験に合格し、中途採用で西館高校にやってきた。腐敗した西高教師陣の中で唯一生徒達のことを心から思っている教師で、いじめ問題の解決に奮闘した。しかし真実を知りたいという正義感の強さ故に戸田をはじめとする事なかれ主義の集う西高教師陣に嫌われてしまい、遂にはいじめの真相を知られるのを恐れた愛海の陰謀で大治郎の力によって解雇されてしまう。その際に、「あなたを守れなくてごめんなさい」と、力になれなかったことを歩に侘び、愛海には平手打ちを浴びせ、「いつかあなたは独りぼっちになる」と言い残して学校を去る。その後は別の高校で教師をしており、やはりここでも「いじめ」について考えるよう生徒に呼びかけている。

(親)
椎葉文子:鈴木明子。(真矢みき) すでに所帯じみたお母さんっぽいため
歩の母親。歩が進学校である西館高校に通っていることを周囲に自慢し、誇りに思う典型的な「教育ママ」で歩との関係は崩壊していた。しかし拉致監禁事件を切っ掛けに歩の状況を知り、母親として歩を守る中で歩との関係を再構築していく。夫は単身赴任中で、歩、誠と共に夫の会社の社宅で暮らしている。

佐古敏克:イルカが兼務 (勝村政信) violenceなトコがあるため
佐古の父親。建設会社社長。文子とは高校時代の同級生である。日頃から克己に対して過剰な体罰を浴びせており、その結果最終的に克己の精神を病ませることとなったが、ついにそれに気づくことはなかった。後に歩から克己に脅迫されていた事を聞いた文子が怒鳴り込んできたことで息子の性癖を知るが、父親らしい事は何もせずに克己に暴力を振るい、更にこの一件を金で揉み消そうとしたため文子との仲は崩壊。その後大治郎の力で会社が倒産してしまい、その際腹いせに克己に暴力を振るったことで彼から報復を受ける事となる。

公式ホームページ
http://wwwz.fujitv.co.jp/life/index2.html

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2010年2月14日

2599日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!