mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 彗星怪獣 ドラコ

彗星怪獣 ドラコ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年4月30日 10:43更新

ウルトラマン 第25話「怪彗星ツイフォン」に登場した彗星怪獣。

身長:45メートル
体重:2万トン

彗星ツイフォンが地球の近くを通過した際に地球へ飛来した宇宙怪獣。
1本の短い角と巨大な翼を持ち、体表は黒いタイルのような皮膚で覆われている。鎌状の両手が武器で、素早い動きで宙を舞い敵を翻弄する戦法を得意とする。
日本アルプスの山中でギガス、二代目レッドキングと戦い、ギガスとは互角以上の戦いを展開したが、レッドキングに翼をむしり取られ飛べなくなったところをギガス、レッドキングの双方から徹底的に攻撃され倒れた。
(余談だが、初回放送日は1967年の1月1日で、お年玉企画という色合いが濃く、ギガス、ドラコ、二代目レッドキングの三つ巴の戦いという内容になったという。当初はゴルゴスが登場する予定だった。)

声は豚の鳴き声をアレンジしたものである。
名前の由来は「ドラゴンフライ(トンボ)」から。翼はトビウオの胸鰭をモデルにしている。
また、ドラコとはギリシア語 Δράκος などから来ており、ドラゴンのことを指すともいう。
当初はバッタ型の怪獣としてデザインされたがNGとなり現在の姿となった。羽や足首に鉤爪があるのはその名残である。

『ウルトラマンメビウス』の第21話では、怪獣墓場を漂っている姿が見られた(初代と同個体かどうかは不明)。

一般に流布している初代ドラコのスチル写真は着ぐるみ完成後まもなく東京美術センターでマーチャンダイジング用として撮影されたもので、番組に登場したものとは一部が異なっている。
こちらは右手が鎌状で左手が円盤形に巻き取られた鞭状になっており、鎖鎌を模している。その後、撮影前に左手も鎌状に改造された。
漫画の楳図かずお版ウルトラマンには着ぐるみ作成時の両手で登場し、鞭状の左手を伸ばして水爆を掴み取る描写がある。その時はウルトラマンの策略でギガスとの戦いになり冷凍光線を浴びて凍死するというオリジナル展開であった。
帯番組『ウルトラ怪獣大百科』のナレーションによると、ドラコの一族の形態は鎌状の右手と鞭状の左手であり、日本に飛来した個体はイレギュラーな個体である旨が語られている。

参照:Wikipedia ドラコ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B3

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2010年2月13日

2570日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!