mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > おしおのくにからのてがみ

おしおのくにからのてがみ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年1月12日 22:20更新

 せかいはおしおでみちている。
 そらからおしおがふり、やまからおしおがながれ、うみにはおしおのみず。
 おしおにつかってみもこころもいきかえってみたい。



 ところで詩とは何なのだろうか。以下は何年もまえにこしらえたもの。


  問いかけ
詩というのは何なの
きみはぼくに唐突に尋ねる
困惑するが”そうだなあ”と口にする
ただ時間をもたせるだけで

詩というのは何なの
きみは真顔で繰り返す
何か答えないとみっともないと思う
きみのほほえみそのものさ

詩というのは何なの
ぼくはどこからか本を引っぱりだしてきて
ひとつせきばらいしてから、なおももったいぶる
詩というのはきみの瞳そのものさ

詩というのは何なの
きみはぼくをむんずと掴んではなさない
きみの掌をとって親指の腹をやさしく噛む
いまきみが感じているものだよ

詩というのは何なの
すこしいらいらしてきたきみ
きみの顎の縁をぼくの唇がかすめていく
ぼくは黙ったままできみを見つめる

詩というのは何なの
きみはいつまでも執拗だ
きみを抱きしめ無器用にやっと
きみのブラのホックが外れたときの思い

詩というのは何なの
豊かな乳房を誇らしげにきみは尋ねる
きみの乳首をもてあそびながら
目覚めつつあると感じるときのときめきとめまい

詩というのは何なの
ぼくは後ろにまわって髪をまさぐる
首筋に牙をたて、きみのかすかな悲鳴
最期の意識のなかで形もなく感じるもの
それが詩なんだとおもう

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2005年12月14日

4271日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!