mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Glosolalia

Glosolalia

Glosolalia

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年5月22日 21:56更新

・Glosolalia
(from Argentina)


Profile;
Glosolalia is Martin Biderman, born in Buenos Aires, Argentina.
He started his musical career playing guitar in Nu Metal bands until he met electronic music in parties done in his home city.

Looking for more intense music he came across psychedelic trance through Russian projects such as Fungus Funk and Parasense, but it was Psykovsky’s debut album that changed his perspective in music and psychedelic trance around 2006.
From that moment on he started to make music as Glosolalia, concept that describes the language a person speaks when he is in trance or mystical ectasy.
Looking for a way to talk this language through music, he started to make psychedelic trance in his laboratory in Florida, creasting his own style and developing his own tricks, which surprised his scene a lot.

Looking to touch his listener’s hearts, Martin makes powerful and strong tracks filled with emotional atmospheres dripping beauty. Combining the brutal of destruction and the beautiful of creation, his sound explorations are designed to heal the soul of its listeners, and this can only be done by digging deep inside of them, that’s why he is not afraid to try high bpms, new technologies and experimental ideas.


日本語訳
Glosolalia a.k.a Martin Bidermanはアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれました。
彼の音楽のキャリアはNu Metalバンドでギターを弾き始たことが始まりで、彼はホームシティでエレクトロニック・ミュージックに出会うまでバンド活動を続けてきました。
より激しい音楽を探して、彼はFungus FunkやParasenseなどのロシアのプロジェクトを通してpsychedelic tranceに出会いましたが、それは、2006年頃にPsykovskyのデビューアルバムが切っ掛けとなり、彼の音楽とpsychedelic tranceに対する見方が変わりました。
その瞬間から、彼はGlosolalia(彼がtranceか神秘的なectasyにいるとき人が話す言語を説明する概念)として愛の音楽を合奏し始めました。
音楽を通してこの言語を話す方法を探して、彼は、フロリダ、creastingにおける彼の実験室にて自分独自のやり方でpsychedelic tranceを創り始めます。
彼のトリッキーな発想はシーンを驚かせました。
彼はリスナーの心に触れるために美をたらす感情的な、大気で、強力で、力強いtraxを満たしていきます。
破壊の残忍と創造の美しさを結合して、彼の音の探検は、リスナーの精神を癒すように設計されています。
そして、彼の掘削の深い内側でこれができあがります。
そしてそれは、彼が高いbpms、新技術、および実験的アイデアを試みるのを恐れていない理由です。


Release Date;
V.A/Magnum Opus(Tantrumm Records,December 3, 2008)
6. Glosolalia: Melancholic Design

V.A/Jupiter Toadstool(Quantum Frog Productions,January 15, 2010)
4. Glosolalia: Once Upon A Time [Part 1: Psyche & Eros]

V.A/Blueprints(Dark Prisma,February 2, 2011)
1. Glosolalia Feat. Zigurat / Solve Et Coagula
8. Glosolalia / Blueprints
9. Glosolalia / Motion Of Celestial Objects



Dark Psychedelic Trance,Tantrumm Records,Quantam Frog Productions,

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 16人

もっと見る

開設日
2010年2月6日

2494日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!