mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ヤッシャ・ホーレンシュタイン

ヤッシャ・ホーレンシュタイン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月8日 16:41更新

1927年フランクフルト国際現代音楽協会フェスティヴァルに於いて、フルトヴェングラー指揮、バルトーク本人がピアノを演奏する彼のピアノ協奏曲第1番の初演が行われた。このときホーレンシュタインは、フルトヴェングラーのためにオーケストラの下稽古を行い、そのときの印象を後に彼自身が英語で語ったテープが現存する。下記はその一部の邦訳である。

バルトークはいってみればハンガリー版ヴェーベルンといった態で、とても几帳面な音楽的原則であり、人間というよりはむしろ歩く百科全書だった。対照的にニールセンは人間的以外の何者でもなく、ヤナーチェクに至っては、オーストリアかチェコの旅館か喫茶店のオーナーという感じで,ウェストコートにチェーンをぶら下げたブルジョワ、ただし中の下のそれだが、とにかく彼はブルジョワだった。

フルトヴェングラーが到着してから行なったリハーサルは二度。一度はドレスリハーサル,一度は私が彼のためリハーサルしているのを彼が見ていた。私はフルトヴェングラーに注目されたくて、オーケストラを何度も止めて注意を出した。だが後でフルトヴェングラーに「君は一曲を通して演奏することの大切さを過小評価している」と駄目だしされた。これはいい教訓になった。

このようにユーモラスに語る彼の紡ぎだした音楽は、しかし、フルトヴェングラーを中心として見ればその時代精神やパラダイムに忠実である。今の標準からすると古臭いくらいかもしれない。だが彼のこのインタビューを甘く見てはいけない。音楽の巨匠たちの作曲した数々の曲をホーレンシュタインがその手にかけるとき、密かにこのインタビューと同じようなシニカルな音色が忍び込む。


http://www.ann.hi-ho.ne.jp/aria/Horenstein-Disco.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3

http://ml.naxos.jp/album/CD-70

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2010年2月5日

2725日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!