mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > ◆草喰・なかひがし◆

◆草喰・なかひがし◆

◆草喰・なかひがし◆

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月20日 01:13更新

京都左京区にある『 なかひがし 』のコミュです。

中東さんの人柄が好き!という方や・・・
心を穏やかにしてもらえる食の原点を見つめた
料理が好き・・・という方はぜひご参加ください。

http://www.kyoto-club.com/nakahigashi.html


いま京都で
いちばん予約がとりにくい
日本料理店の真髄 ・・・

 山野草や野菜を主体にした料理。締め括りの食事は、お竈(くど)さんの炭火で焼いためざしと、羽釜で炊いたアツアツのご飯――主人・中東久雄氏が「草喰(そうじき)」という独自の料理で客をもてなす日本料理店・京都「なかひがし」は観光シーズンともなれば3ヵ月前に予約が埋まってしまう超人気店。それ以外の季節でも、まず「なかひがし」の席を押えてから宿や新幹線を手配するのが、京都通の「食べ歩きの原則」と言われるほど。
 開店したのは5年前の1997年。東山・銀閣寺畔にある一軒家。老舗・名店が居並ぶ日本料理の総本山・京都に、彗星の如く現れ、開店から数年にしてお客から圧倒的に支持されるようになった「草喰」とは、どんな料理なのでしょう。旨いものを次々に繰り出す腕前自慢の料理でもなく、綺麗に飾り立てて季節感を演出する京料理でもありません。人の心を安らかにする料理と言うのがいいのでしょうか。

中東久雄(なかひがし・ひさお)
1952年京都市北部、花背生まれ。生家は古刹・峰定寺門前の宿「美山荘」。摘草料理を考案した亡兄吉次氏のもとで、料理を担当。「美山荘」料理長を経て、97年「草喰 なかひがし」を開店。主に山野草を使い、竃で料理する独自の世界「草喰」を確立。現在、京都でもっとも予約がとりにくい店とされる。

◆検索キーワード◆ーーーーーーーーーーーーーーーー
京都・料理・グルメ・左京区・粋・草・自然・山・川
鳥・花・季節・四季・日本・雰囲気・粗食・美食・
こだわり・肴・魚・野菜・果物・鮮やか・色・発色・
歴史・文化・食文化・心意気・心・精神・魅力・望・
精進・静・落ち着き・風情・極上・

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 173人

もっと見る

開設日
2005年12月13日

4013日間運営

カテゴリ
グルメ、お酒
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!