mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 実は怪僧(ウルージ)です!

実は怪僧(ウルージ)です!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年9月11日 15:51更新

このコミュニティは怪僧(ウルージ)を通して様々な情報の交流、繋がり、絆がはぐくむことができれば……!という想いがあります。

わーい(嬉しい顔)基本データわーい(嬉しい顔)
“空島”出身
破戒僧海賊団船長
“怪僧”ウルージ(UROUGE)
懸賞金1億800万ベリー
一人称:私、二人称:お主
第4回人気投票24位(投票数212票)
声優…楠 大典

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)語録解説ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

「うわァァっ!!」
ウルージさんにとっては当然ダメージ1つないようなレベルの低い小技だったが、くまからしてみればウルージさんを吹き飛ばす為に放った全力の一撃。
敵であってもその努力を労うことの出来るウルージさんの度量を伺わせる名言である。

「どうっ…!!!」
普通はダメージを受けたとしても、こんな声を出すことはないだろう。
しかしあえて変な声を出すことによって、大将黄猿の興味を引いた。
黄猿の興味を引くことにより、ホーキンスへの攻撃を戦わずして止めるという離れ技を成し遂げたのだ。
ウルージさんは戦いの最中であったとしても、冷静かつ頭脳派であることが伺える一言。

「まいった…何て強さ…!!」
この場面で注目すべき点は、ウルージさんが初めて笑顔を崩しているところだ。
まさかルーキーが七武海に攻撃されてまだ笑顔だったり、ましてや一瞬で葬ってしまっては、島に大量の海兵が押し寄せる危険がある。
だからこそウルージさんは島全体を気遣い、あえて笑顔を崩したのだ。
さらにこの台詞は名演技のスパイスにもなっている(詳しくは「どうっ…!!!」を参照)。

「まさか…あれは…"黄猿"!!!」
この台詞は当然ウルージさんの「どうっ…!!!」の演技の完成度を高めるためのものである。
仮にもルーキーという立場にある自分が大将の黄猿を見て驚かないのはおかしい。
だからこの一言で自分が極めて普通の大物ルーキーであることを示し、周囲の海賊と黄猿の警戒心を解かせた。
自分の立場を明確にすることにより、演技のリアルさを追及したのだ。
「まいった…何て強さ…!!」の台詞と初めて崩れた笑顔のスパイスもあり、この演技はもはや神の領域に達しているといえよう。

「ずいぶん痛めつけてくれさったな…さっきまでの私とは思いなさんな!!"因果晒し"!!!」
ここで注目すべきは、決してくまがウルージさんに加えた以上の攻撃を決して行っていないことである。
技名の通りこれは「因果応報」、つまり悪事を行えばいずれ自らに悪果が返ってくることを身を持ってくまに伝えたのである。
敵であるくまにすら自らの身体で教えを説くその度量。
この場面を見て感涙したウルジストも多いであろう。

「ぐわァっ!!!熱つ」
ウルージさんがその身に受けたのは鉄をも解かす熱光線。
だがその攻撃を受けてウルージさんが放った言葉はこれだけ。
しかもそのすぐ後には何事もなかったかのように笑顔を崩さずに立ち上がっているのだ。
勿論ウルージさんにとって熱光線を回避することは簡単なことだが、これを回避してはウルージさんの遥か後方にいる罪なき人々に被害が及ぶ可能性があった。
だからあえてその鋼の肉体を盾にすることにより熱光線の勢いと威力を殺したのである。

「これは珍しい物を見た…」
アプーが初めてみたと感嘆しているのに対し、ウルージさんの発言は上の通り。
この発言の違いが表すもの、それはズバリウルージさんは古代種を見たことがあるということである。
もしかするとウルージさんは、ラフテル到着までに古代種の能力者と戦闘行為を行った経験があるのかもしれない。
しかしウルージさんの過去は"空白の100年"以上の謎。
ワンピースの連載中にその謎が紐解かれることはないであろう…

「怪僧が暴れているぞ!」
世間一般の人に一目で分かる格好をしている事によりインパクトを与えるウルージさんの作戦。
仮に後にあの怪僧は1億を越える賞金首だったのか!と、よりウルージさんのキャラを際立たせる事も出来る。
ここでウルージさんは頭脳派という事が伺える強烈な一言。

「命を拾いなさったな…マスクの人」
裏を返せばこのまま戦えば貴方を葬る事はたやすいが、まあ無益な殺生をする事もあるまい―と、いう余裕の発言。
本人も1億を越える大物であるが、対する敵も1億を越える。
その1億を越える敵を天秤にかけても余裕の超戦闘力。
本気を出せば覇気だけで町の一つや二つを壊しかねない、それ程の戦闘力を内に秘める。

「ヒザをついてやり過ごす以外になかろう 」
ただ目の前の事態を己の感情で動くだけではなく、場の空気を読みその場を納める知的派。
3億の賞金首とは言え、ただ伸びるだけのキャラとは大違いである。

「おーおー 好き勝手やりなさる…!!」
傍若無人の天竜人を見てこの発言。
王者の貫禄すら伺える余裕の表情。
人に対して酷い天竜人を一笑するウルージさんからすれば、過去の冒険に比べれば目の前の事態など、太陽が昇りやがて沈むような当たり前レベル。
ウルージさんから見てあの振る舞いの印象はたったアレだけ。
他人と格の違いを現す一言。

「船長の度量が伺えるな……」
一介の剣士を見ただけで、まだ見ぬルフィの度量を見抜く洞察力。
敵とはいえ、相手を賞賛もするその深い度量こそまさにカリスマオブカリスマ。
僧兵達が苦難の旅の中でもウルージにさんについていったが分かる。
この一言こそまさにウルージさん=超大物を伺わせる一言である。

「ハタ迷惑な一味だ…!」
この時のウルージさんの顔に注目してほしい。
言葉とは裏腹にこの事態を楽しんでいるようにも思えるではないか。
ウルージさんにとって、天竜人への反逆は大した問題ではないということなのだ。
また天竜人の横暴さをグッと堪えて場を収めた知性派でありつつ、実は憤りも覚えていたことも分かる名シーンである。

「「大将」ばかり警戒していた…!!」
この発言より、ウルージさんの前に現れたのが大将であった場合、余裕で蹴散らしていたと予想される。
大将より劣ると思われるくまがウルージさんにダメージを与えていたことから、くまが不意打ちを仕掛けたことは確実である。

「…何と言う悲運…!!前方に「海軍大将」…後方に「七武海」 ゼェ…ここまでか…!?」
この台詞にある「ここまでか」とは、当然ながら「手加減をするのはここまで」という意味である。
ウルージさんはくまとの戦闘で最初は手を抜き攻撃を受け、後から全く同じ内容でくまを攻撃するつもりだった。
そうすることにより、不意打ちをした愚かさと、因果応報という言葉の意味をくまの体に刻み込む作戦だったのである。
さらに海軍の最高戦力の1人である黄猿、鉄以上の防御力と鉄をも溶かすレーザーなどの強力な戦闘力を有すくまを同時に相手にしても余裕の笑顔。
ウルージさんの超戦闘力と超精神力の片鱗が伺える一言。

「敵ながら冗談でもありがたい………!!」
ホーキンスの占いを聞いての発言。
ウルージさんにとって大将とくまの相手など簡単なこと。
当然死相など見えるはずもないが、ウルージさんは良かれと思い自分のことを占ってくれたであろうホーキンスに感謝をした。
ウルージさんがいかに他者を尊重しているかがわかる名言である。

「さて本当に…希望はあるのかどうか…ボチボチ反撃してみよう…!!!」
ここの台詞にある「希望」とはホーキンス自身の占いの結果のこと。
ホーキンスが黄猿の前で自らの運命を占っていたのを広域に渡る心綱で一言一句逃さず聞いていたのである。
ウルージさんが反撃を決行したのは、目の前に守るべき弱者が存在するからであろう。
100%の力を出さずにあえてセーブしているのは、戦闘力の差を期待のルーキー2人に見せつけ、自信を失わせないため。
ウルージさんが常に偉大なる航路の海賊たちの未来を見据えていることがわかる。

「鍵は“黒ひげ”… 間違いなくしばらくは奴らが台風の目になる……!!」
白ひげの時代が終焉を迎えたことを知った時のウルージさんのセリフ。
まず注目していただきたいのは「鍵」。世界中がやがて来たるさらなる混乱に戦慄するなか
冷静に時代の行く末を読み取っていることが窺える。
しかしここは黒ひげをもってしても鍵でしかないことに注視すべきであろう。鍵で開かれた扉の先に
あるのはいったい何なのか……それは今のところウルージさんの瞳の中にしかない。
また、この混乱を指して台風と表現したことも注目に値すると言える。
ウルージさんはこの争乱も台風のようなモノだと言いたいのである。やまない雨はなく、過ぎ去らない
嵐はないと言外に勇気づけている。嵐が去れば、むろんどこまでも透き通った青空が現れる。
ウルージさんは世界の人々に「決して諦めてはならぬ」という慈悲深い言葉とその想いを投げかけているのである。

「無茶を言うな!!!どう上陸するんだ!! 」
○考察1
 珍しくウルージさんが声を荒げたシーン。
くまを前にしても笑顔を崩さなかったウルージさんがこのような弱気な姿勢を見せた理由は
船員達を心配したからに他ならない。ウルージさん自身は「ぐわァ!!!熱つ」程度のダメージで
済ませられるが、迂闊に島に近づけば大切な部下達が雷に撃たれ傷つきかねない。
僧正の優しさが伺える発言である。
○考察2
 珍しくウルージさんが声を荒げたシーン。
この時のウルージさんは焦っているように見える。しかし文字通りに解釈してみよう。
「無茶を言うな」とは「お茶が無いのに落ち着けるわけなかろう」という意味である。
目の前の島に雷が降り注ぐ状況も構わずお茶で一休みしようというウルージさんの度量が伺える発言である。

「誰だ…!!?」
この発言の際にウルージさんが考えていたことはただ一つ。
ここは新世界、近くには雷が降り注ぐ島……そう、小舟で近づいてくる人物を心配したのである。
「(こんなところで何をなさってるんだ?もしかして漂流しているのか…?)」
ウルージさんの優しさで宇宙がヤバい。

珍しくウルージさんが愚痴を零した貴重な瞬間。
しかし次の刹那には雷が降り注ぐ島から目を切り、油断なく周囲を見渡し、小舟で接近する老婆を視界に捉えている。
新世界に入って早々に迎えた死地。並みの僧正であれば、恐らくはただ茫然と立ちつくし、「楽園に戻りたい」と嘆くばかりであろう。
しかしウルージさんは僅か二言の間に目前の絶望を現実のものとして整理し、新世界に適合した。結果的にそれが状況を打開する最善手となる。
ウルージさんの度量が伺えるエピソードと言えよう。

●アニメ・3/8・392話「新たなライバル集結!11人の超新星」語録まとめ
「フフ…」(ウルージさんがキラーを攻撃し、キラーがジャンプしたとき)
「フンッ!!!」(キラーが上から攻撃して来る時にウルージさんも攻撃しようとしたとき)
「なるほど…堕ちた将校ドレークか…へへへ」(嫁が出てきたとき)
「命を拾いなさったな…マスクの人」(シャッキーの説明の後)

●アニメ・3/15・393話「標的はケイミー!!迫る人攫い屋の魔手」語録まとめ
「んん…?」(部下がチャルロスがいるのを教えたとき) ←この部下はロックスターに似てる
「おーおー」(チャルロスに気づいたとき)
「……"天竜人"か…無法地帯も構わず闊歩するとは…厄介の種だ ヒザをついてやり過ごす以外になかろう」(チャルロスを見たとき)
「おーおー好き勝手やりなさる…!!」(チャルロスが患者を蹴ったとき)
「メチャクチャだ…噂以上……」(チャルロスが撃ったとき)
「2番手にして「1億2千万」人に従う様な男には見えないが……船長の度量が伺えるな……」(ゾロが撃たれた人を助けたとき)

●アニメ・4/26・398話「大将黄猿動く!騒然シャボンディ諸島」語録まとめ
「新世界を前にしてよりによって海軍本部と騒動を起こすとは…まったくハタ迷惑な一味だ」(建物の上から逃げ惑う人々を見守っていた時)

●アニメ・5/17・401話「回避不可能!?大将黄猿の光速の蹴り!!」語録まとめ
「グウウウウーーーーー…ハァ…」「ハァ…ハァ…大将ばかり警戒していた!」パシフィスタに攻撃された時
「海軍本部のそばをすんなり通れはしないか…。だが!ヘエエッ!」パシフィスタに攻撃する時
「こちらにも意地がある!」パシフィスタに攻撃した時
「ヌウ〜ウーウ〜アアッ!」パシフィスタに追いつめられた時
「ハァ…ハァ…まいった…何て強さ!」「うん!?」ホーキンスに話しかけられる時
「まさか!あれは黄猿!」黄猿に気づいた時
「何という悲運!前方に海軍大将。後方に七武海!ここまでかぁ!」状況を感じた時
「うん?そうか…北の海のホーキンスか。ハハハ…敵ながら冗談でもありがたい」ホーキンスに死相が見えないと言われた時
「またお主か!フンッ」嫁に挑発された時
「ああ〜〜〜〜〜〜ハアアアアッ!」「フンッ!ハアッ!」「ずいぶんやられたが…さて本当に希望はあるのかどうか確かめさせてもらおうか!ボチボチ反撃してみよう」モコモコしなさった時

●アニメ・5/24・402話「圧倒的!海軍の戦闘兵器パシフィスタ」語録まとめ
「ずいぶん痛めつけてくれなさったな さっきまでの私とは思いなさんな!」パシフィスタに反撃しようとする時
「因果晒し!」パシフィスタに因果晒ししなさった時
「えいっ!トゥゥゥ〜!うんうおおお〜!」パシフィスタを殴ってる時
「ぬう…。少しは効いたか」攻撃が終わった時
「んぐわあああ!熱うぅぅぅ…!」パシフィスタのビームが当たった時
「うっおお…うえぅ…えぃぃ…ぬうぅぅ…ぬぅぇぅ…」痛がってる時
「でええぅ…ぬぅぅ…むううう…!」起き上がった時
「うう…」黄猿の話を聞いた時
「これは珍しいものを見た」嫁の活躍の感想を言った時
「ぬあっ…!」黄猿が後ろにいた時





衝撃衝撃ウルージさんの登場記録衝撃衝撃

2008年
4月28日   週刊少年ジャンプ22・23号掲載「第498話 ”11人の超新星”」でウルージさん初登場
5月19日   週刊少年ジャンプ24号掲載「第499話 ”シャボンディパーク”」にて登場
6月2日    週刊少年ジャンプ27号掲載「第501話 ”うねり始める世界”」にて登場
6月23日   週刊少年ジャンプ30号掲載「第504話 ”海賊前線移動中!!”」にて登場
7月28日   週刊少年ジャンプ35号掲載「第508話 ”修羅の島”」にて登場
8月4日    週刊少年ジャンプ36号掲載「第509話 ”黄猿VS4人の船長”」にて登場
8月11日   週刊少年ジャンプ37・38号掲載「第510話 ”麦わらの一味VS戦闘兵器”」にて登場
9月4日    ウルージさんが頂点を飾った「ONE PIECE 巻51」発売
9月20日   テレビ番組「王様のブランチ」のコミックランキングのコーナーに登場
12月4日   ウルージさん大活躍「ONE PIECE 巻52」発売

2009年
3月1日    アニメ 391話「暴虐!シャボンディの支配者・天竜人」の次回予告に登場
3月8日    アニメ 392話「新たなライバル集結!11人の超新星」にて登場
3月15日   アニメ 393話「標的はケイミー!!迫る人攫い屋の魔手」にて登場
4月5日    アニメ 395話「タイムリミット人間オークション開幕」にて登場
4月24日   テレビ番組「サキ読みジャンBANG」に登場
4月26日   アニメ 398話「大将黄猿動く!騒然シャボンディ諸島」にて登場
5月11日   週刊少年ジャンプ24号「アニ基地 #296」にて登場
5月17日   アニメ 401話「回避不可能!?大将黄猿の光速の蹴り!!」にて登場
5月18日   週刊少年ジャンプ25号「アニ基地 #297」にて登場
5月24日   アニメ 402話「圧倒的!海軍の戦闘兵器パシフィスタ」にて登場
5月30日   ONE PIECE 総集編 THE 12TH LOG にて登場
11月30日  週刊少年ジャンプ53号掲載第565話にて登場

2010年
3月4日    「ONE PIECE 巻57」のSBSにてウルージさん関連の質問掲載
4月19日   週刊少年ジャンプ20号掲載「第581話 ”忍びよる未来”」にて登場
6月4日   ウルージさんついに本編再登場「ONE PIECE 巻58」発売
8月2日   週刊少年ジャンプ35号掲載「第594話 ”メッセージ”」にて登場

パンチ戦闘力パンチ
●攻撃力
…ルフィ、ゾロ、サンジの合体技“三刀流ゴムゴムの悪魔風羊肉JET六百煩悩攻城砲”でやっと吹っ飛ばしたPXを“因果晒し”によるパンチ3発で同様に吹っ飛ばすほど。

●防御力
…ヤルキマンマングローブを破壊する黄猿のレーザーを装備したPXのレーザーを肩に食らうも「熱つ」で済ました。

●洞察力
…これは言うまでもなく凄く、ゾロをパッと見るだけでその場にいないルフィの度量を見抜くほどである。

●常に笑顔。

●巨漢
…そのためかルーキーたちの集合絵では最上部にいることがほとんどである。

●僧のような格好をしている。
ちなみにワールドコレクタブルフィギュアにより、フンドシをはいていることが発覚した。

●背中に翼
…これは空島の住民の風習である。今まで作中で出てきた空島住人の翼はスカイピアやシャンディアたちのように翼の先が横を向いてるものと神の軍団たちのように翼の先が下に垂れているものの2種類に分けることができる。ウルージさんの翼は後者に当てはまり、翼を持つキャラ中では最も大きいものである。ウルージさんが巨大化した時には翼も同時に大きくなった。
ちなみに小さな空島ウェザリアに登場したキャラたちは翼をつけていない。(アニメでも)

●左の眉間の部分に傷跡。

●へりくだった言葉使い。

●巨大な棒を持ち歩いている。(武器)
…ブンブン振りまわして使用する。巨大化した時には体を支えるために使用したがなぜか攻撃には使わなかった。

●懸賞金額がキャラと関連がる
…これは仏教の煩悩の数「108」が由来だと思われる。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 148人

もっと見る

開設日
2010年2月1日

2822日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!