mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 樹海少年ZOO1

樹海少年ZOO1

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年4月5日 21:53更新

『樹海少年ZOO1』(じゅかいしょうねんずーいち)は作:ピエール瀧、画:漫$画太郎によって、秋田書店「週刊少年チャンピオン」にて連載されたギャグ漫画である。「大きいコマを多用する」、「数十話単位でストーリーを無かったことにする」、「コピーを使って展開をループさせる」などといった画太郎独自の手法を存分に発揮した作品。


【あらすじ】

少年獣一が親友のスサノオとドリアンと一緒にホームレスがいる公園の前を通学していると、ホームレス達に「こんな所で寝てると世界征服を企む秘密結社に捕まるぞ」と警告するキノコ仙人を見かけた。

獣一達3人はあきれ返ってキノコ仙人の様子を見ていたが、腕時計を見て遅刻する事に気づき、3人で走っていると、スサノオとドリアンが獣一の目の前で交通事故に会って死んでしまう。

スサノオが総理確実な頭脳を持ち、ドリアンが校内一の力持ちでオリンピックで金メダル確実というきっての有望株だったため、「お前が死ねばよかった」として、交通事故現場の近くにいた獣一は校内でいじめに会う。それを聞いた、ホームレスじゃないホームレスタイちゃんは怒り狂い、飼い犬のパンチと共に学校を襲撃する。これを境に、いじめを反省した学校は獣一を祝福する。

その翌日、獣一がお礼を言おうとタイちゃんの所へ向かうと、タイちゃんはすでに何者かに連れ去られていたあとだった。ババァに足跡を教わって後を追うと、そこには陰謀団「秘密結社マッキ」の秘密基地があり、世界征服に向けて恐るべき兵器が量産されていた。ところが、マッキ幹部らが宴席の喧嘩から同士討ちを始め、獣一らが何もしないまま組織は壊滅。世界は平和になった。

以降のストーリーは、「回想シーンで人類が滅亡する」、「展開しているストーリーが「なかった」ことにされて中盤から語り直しになる」、「作風が鳥山明のパロディ風になる」等と混迷を極める。

ズーマー集合!!!

※トピ立てFreeです♪

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2010年1月29日

2580日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!