mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 悪の心理学

悪の心理学

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年8月12日 11:41更新

【コミュニティの趣旨】
簡単にいったら、心理学の黒い部分に興味がある人が集まってほしいコミュです。

古くはヨーロッパの中世で大流行した「拷問」も、現代の心理学に通じるものがあるんじゃないかな。

いまはメジャーな学問としてしられる『心理学』でも、その歴史は非人道的な実験をくりかえしてきた。

有名な「パブロフのイヌ」でさえ、
『イヌを実験台にして生物実験してた』っていう解釈もできるでしょ?

そして、しばしば戦争の道具として使われてきた。

古くは中国の兵法書で有名な『孫子』でさえ、現代の心理学に通じるものがある。
孫子の兵法書は、いまや世界の主要な軍の戦術書のマニュアルにも応用されているといわれています。

そんな『心理学の黒い部分』を語るコミュニティです。


〜以下引用文〜
『人格の崩壊』

CIAの「人災開発研修マニュアル」によれば、あらゆる「高圧的尋問」の目的は「精神的退行」を引き出すことにあるという。マニュアルの解説はこうだ。

”退行とは、基本的に自主性の喪失であり幼児期の行動レベルに逆戻りすることである。被尋問者が退行を起こすと、その人物の後天的人格特性が年代をさかのぼる形で消えていく。被尋問者は高度な創造的活動を遂行したり、複雑な状況を処理したり、ストレスの多い対人関係や度重なるフラストレーションに対処したりする能力を失い始める”

要するに、被尋問者は成す術のない幼稚症に陥り、普通の価値観や忠誠心は、いま、差し当たって必要な快適さと比べると、どうでもよくなってしまうのだ。(中略)このマニュアルには「退行」を促す様々な手段が、腕力を使う、使わないにかかわらず、数多く詳細に記されている。「高圧的テクニック」は被尋問者を逮捕する瞬間から使い始めること。マニュアルにはそう明記してあるのだ。

〜引用文終わり〜

アメリカのCIAなんて、こんなコワイ事をしてる。

そんな人間の「闇」の部分にアナタも触れてみませんか。

【コミュルール】
トピックスは勝手に立ててもらって結構です。
テキトーに管理します。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2010年1月23日

2622日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!