mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Werner Thomas-Mifune

Werner Thomas-Mifune

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月25日 21:33更新

ドイツ人チェリスト、ヴェルナー・トーマス=ミフネさんのコミュニティです。
チェロアンサンブルをやる人で彼の名前を知らない人はいないでしょう!「Mifune」という名前に惑わされるかもしれませんが生粋のドイツ人です。
彼のこと、まだ知らないよ〜という方もこぞって参加してください(^^)



【プロフィール】
ドイツ・フランクフルト生まれ。4歳でヴァイオリン、8歳でチェロを始める。14歳でソリストとしてオーケストラと協演。デトモルト音楽大学、ミュンヘン音楽大学で学び、パリでアンドレ・ナヴァラの指導を受ける。1987年ギドン・クレーメルのロッケンハウス・フェスティバルにデビュー後、本格的にソロ活動をはじめ、ソナタや協奏曲などCDも多数録音。世界各地で演奏活動と後進の指導にあたるかたわら、音楽ショーの作曲と脚本、ミヒャエル・エンデとともに子供向け音楽CDを制作するなど多方面にわたって活躍。また、チェロや室内楽用に数多くの編曲をし、編曲者として日本でも名が知られている。バイエルン放送交響楽団首席チェロ奏者を2002年まで務めその間ソリストとして全ヨーロッパ、アメリカ、南アメリカ、日本、韓国、中国において、ラファエル・クーベリック、レナード・バーンスタイン、ロリン・マゼール指揮のもとで演奏し、高い評価を得ている。フィルハーモニッシュチェリステンケルン(チェロアンサンブル)のリーダー。これまでに多数のCDを収録し、数々の賞を受賞。日本ではチェロ教本「より自然なチェロ奏法」(音楽之友社2001年)が出版されている。近年は指揮者としても活躍している。


【管理人Amikaが勝手に書いた裏プロフィール】
(真実度は90%くらい?なので鵜呑みにはしないようにw)
ライプツィヒの聖トーマス教会の合唱長(カントール)を務めた指揮者であり作曲家であるクルト・トーマスとピアニストの母の間に生まれる。まずはヴァイオリン始めるがが嫌いすぎて練習中に眩暈で倒れ、やめる。その後、チェロを始めるが倒れることもなくメキメキと上達。今ではクラシック以外のものであっても音楽ならジャンルを問わず何でも来い!である。
気になる「Mifune」の由来だが、彼の奥様が「三船」さんなわけでもなんでもなく…。昔々、彼の編曲した曲を出版する際に同姓同名の音楽家(シンガーソングライターだったかなぁ?)がいることがわかった。同じ名前では混同するので何か名前を考えろと出版社から言われる。悩みに悩み、結局決まらずに期限日(前日?)を迎える。彼はミュンヘンにあった日本料理店で食事をしていた。そこでも「どうしよう…」と考えていた彼。箸の袋にMifuneと書いてある。そこは三船敏郎さんのお店。というわけで、三船敏郎さんの「Mifune」なのであった。そんな彼が編曲した曲、今では500以上あるそうだ!
好物はワイン、唐辛子、明太子、などなど。天敵は蚊!!必須アイテムは網戸の網。知ってる日本語は「わさび」。
くるくるパーマが印象的な彼だが衝撃!なんと本来はさらさらストレート。
冗談大好き、ダジャレ大好き、言葉では語り尽くすことのできないくらい面白い(あぁ、なんて語彙の少ない私…。)、素敵な人物である。

本当に素晴らしいチェリストです!

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2010年1月14日

2894日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!