mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 浜田文子

浜田文子

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月1日 22:14更新

『浜田文子』のコミュニティです。
トピック作成は、ご自由にどうぞ。
ご利用はお気軽に!

**********************

浜田文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浜田 文子(はまだ あやこ、1981年2月14日 -)は、日本で活躍するメキシコの女子プロレスラーである。日本の女子プロレスのトップスターの一人に数えられる。

本名Ayako Valentina Hamada Villarreal(アヤコ・バレンティナ・ハマダ・ビヤッレアル。スペイン語圏では本人の名前・洗礼名・父親の姓・母親の結婚前の姓の順に表記する。洗礼名の「バレンティナ」は誕生日であるバレンタインデーに由来する)。 メキシコ・シティ(シウダー・デ・メヒコ)にて、マリポーサ(空中)殺法で一時代を築いたグラン浜田(新日本プロレスやメキシコ・マットで活躍した)の四女として生まれる。日本でも有名な元プロレスラーソチ浜田は姉である。

**********************

1995年、父の帰国と共に日本に移住し、1998年、できたばかりの女子プロレス団体アルシオンに入団(当時のライセンスナンバーは14)、デビュー前から写真集やビデオが発売され、またプロレス雑誌の表紙を飾るなどスーパールーキーとして注目された。同年8月9日キャンディー奥津戦でデビュー。大活躍し、わずか1年たらずでアルシオンのチャンピオンとなった。1970年代の最も有名なチャンピオンマッハ文朱以来のスピード出世と言われる。

1999年8月29日、みちのくプロレス群馬大会で日本人レスラーとして初めて父娘タッグを組む。団体の中心レスラーだったアジャコング退団後はライセンスナンバーが1に変更され文字通りエースとなり、年間200試合近くをこなす団体を支えた。

2002年、アルシオン脱退後、フリーとなり主にGAEA JAPANマットに活躍の場を移し活躍。1990年代の女子プロレスを代表するスターである豊田真奈美とも戦った。一方で文子を失ったアルシオンは客が入らず倒産し、2003年に堀田祐美子に買収され、AtoZとなった。

2003年5月には老舗の全日本女子プロレス横浜アリーナ大会でWWWA世界女子シングルチャンピオンとなり「赤いベルト」を奪取、名実共に現代の日本女子プロレス界を代表するスターとなった。

2004年からはハッスルに「アリシンZ」というリングネームにて参戦を開始している。また2005年からは悪役レスラーに転向し、凶器を使うなど新たなファイトスタイルを見せている。

**********************

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 136人

もっと見る

開設日
2005年12月10日

4218日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!