mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > SY-1010

SY-1010

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年4月16日 03:48更新


Technicsのシンセサイザー。





Technics SY-1010
\79,800(1977年頃)


解説

微妙なツマミの調整、バランスによって音の高低、強弱など様々な音色をコントロールできるコントロールタイプのシンセサイザ。

SY-1010は全体がADSRブロック、VCOブロック、VCFブロック、VCAブロック、LFOブロック、鍵盤ブロックの6つの部分で構成されています。

ADSRブロックは鍵盤を押してからの音の微妙な時間的変化をセットできるエンベロープジェネレーターとなっています。

VCOブロックは音源部で、鍵盤のコントロール電圧によって音の高低を決定し効果音を作るためのノイズ音源となっています。
また、チューニングのための機能も搭載しています。

VCFブロックはフィルター部で、音の一部を削ったり増強したりして音色を決定することができます。

VCAブロックはアンプ部で音の強さが決定できます。

LFOブロックは音の細かい変化をつけるための低周波発振器となっています。

鍵盤ブロックはVCO Frequencyの設定で幅広い音程が得られます



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

機種の定格

型式 ミュージックシンセサイザ
<VCO(Voltage Controlled Oscillator)>
フリケンシー 40Hz〜10kHz
ファインチューニング ±200cent
その他 VCOレベル
LFO depth
<NOISE(Noise Generator)>
ノイズレベル ホワイトノイズ
<VCF(Voltage Controlled Filter)>
カットオフフリケンシー 100Hz〜10kHz
その他 レゾナンス
LFO depth
KYBD CV
ADSR depth
<VCA(Voltage Controlled Amplifier)>
その他 イニシャルゲイン
LFO depth
ADSR depth
<ADSR(Envelope Generator)部>
その他 アタックタイム
ディケイタイム
サスティンタイム
レリーズタイム
<LFO(Low Frequency Oscillator)>
フリケンシー 0.15Hz〜25Hz
<テスト発振器(Tuning Oscillator)>
テスト発振器 440Hz
その他 on/offスイッチ搭載
<出力端子>
Output1 レベル切替スイッチ:ノーマル/ブースト+8dB
マイク端子用出力:1.5mV
Aux出力:150mV
Output2 トーン切換スイッチ(ソフト/ハード)
オルガン・ギター用出力:200mV
<鍵盤(keybord/KYBD)>
形式 32鍵Fスケール(F1〜C6)
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 9W
外形寸法 幅482×高さ135×奥行341mm
重量 4.8kg
付属 接続コード(3m、Pin-Pinコード)
ダストカバー
パッチブック

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2009年12月27日

2768日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!