mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 腐れ30男主宰登山部

腐れ30男主宰登山部

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年2月3日 21:41更新

登山部を作りました





不定期にて腐れ30男ワークショップを開催します。
ファシリテーターは腐れ30男以下、特殊任務についてる者が都度都度、唯々諾々と、ナンヤカンヤで勤めます。ロックフェスの開催、映画製作、ソノシートの乱売、オフ会、年末の第九参加等を順次実施しますが、最終的には全員藍染めを習いに奥多摩に行きます。

出来損ない、も、ついてこい。

--------------------------------------------------------------
※ワークショップとは?(Wikipediaより)

ワークショップ (workshop) とは、日本では「体験型講座」を指す用語。本来は、「作業場」や「工房」を意味する語である。体験型の講座の意味でのワークショップは、問題解決やトレーニングの手法である。この意味での「ワークショップ」は20世紀初頭の米ハーバード大学においてジョージ・P・ベーカーが担当していた戯曲創作の授業 ("47 Workshop") に起源をもつ。近年は企業研修や住民参加型まちづくりにおける合意形成の手法としてよく用いられている。
ワークショップはファシリテーターと呼ばれる司会進行役の人が、参加者が自発的に作業をする環境を整え、参加者全員が体験するものとして運営されることがポピュラーな方法である。ヨガや瞑想、陶芸、映画制作、演劇などの体験セミナー、身体で体験する機会にもこの呼称は使われる。

※ワークショップの限界
ワークショップは合意形成のツールと考えられることも多いが、あらゆる場面に適用できるわけではない。「公園づくり」のように反対者が少なく目的が明確な場合は機能しやすいが、「道路拡幅」「ごみ処理施設建設」といった個々の利害関係が交錯する場面ではうまく機能しない場合が多くなる。また、ワークショップは本来、アイディアを出したり、体験したりすることに意義があるもので、合意形成がうまくいくかどうかとは関係がない(合意形成に失敗したからワークショップも失敗だった、とは言い切れない)という意見もある。
--------------------------------------------------------------

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 43人

もっと見る

開設日
2009年12月16日

2864日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!