mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Emmerich Kalman

Emmerich Kalman

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月27日 01:06更新

カールマーン・イムレ(Kálmán Imre、1882年10月24日 - 1953年10月30日)は、ハンガリー出身のオーストリアの作曲家。ドイツ風にエメリヒ・カールマン(Emmerich Kalman)と名乗り、世界的にこの名で有名である。

ハンガリーのバラトン湖南部のシオーフォク(Siófok)にてユダヤ系の家庭に生れる。もともとは演奏会ピアニストとして立つ意向であったが、関節炎を患い、作曲に専念した(父親が破産したためとも言われる)。ブダペストのフランツ・リスト音楽アカデミーにてハンス・ケスラーに師事、バルトークとゾルタン・コダーイの同窓生となった。初期の交響詩は好評だったが、出版することはかなわなかった。しかしながらユーモラスなキャバレー・ソングの人気によって、オペレッタの作曲に進んだ。

最初の成功したオペレッタ『愉快な騎兵』(Tatárjárás、独語名は Ein Herbstmanöver )は、1908年2月22日にブダペストにおいて初演された。その後ウィーンに移り、『チャールダーシュの女王』(Die Csárdásfürstin)や『伯爵令嬢マリツァ』(Gräfin Mariza)などの作品によって世界的な名声を収めた。

カールマンはフランツ・レハールとともに、20世紀初頭における「ウィンナ・オペレッタ銀の時代」の指導的な作曲家と看做されている。カールマンは、ウィンナ・ワルツとハンガリーのチャールダーシュの融合により名声を馳せた。一方、カールマンはチャイコフスキーの管弦楽法を模範としているものの、ポリフォニーの構成や旋律法においては、プッチーニを理想とした。また、新時代の軽音楽としてのフォックス・トロットを採り入れ、ドラム・セットを用いたダンス・バンドに近い響きも試みている。

第二次世界大戦中はナチス・ドイツの弾圧を避けてアメリカ合衆国に渡り、カリフォルニア州に定住し、1942年に市民権を得てアメリカに帰化。1949年にニューヨークを発ちパリに渡り、同地で他界した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%ACより引用
----------------------------------------------


オペレッタの作曲家として有名なカールマンのコミュニティです。
カールマンが好きな人同士で彼の作品について語り合いましょう。

公演情報などの情報交換もできたらと思います。



カールマン/オペレッタ/チャルダッシュの女王/マリッツァ伯爵夫人/サーカスの女王

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2009年12月14日

2628日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!