mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ちょい病み系のミスチル好き

ちょい病み系のミスチル好き

ちょい病み系のミスチル好き

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月9日 15:06更新

ちょい病みだったり

少しダークな歌詞だったり、曲調、メロディ


でもおいらは

そんなもがいてる感じの桜井さん、

ミスチルが好きだって方集合('−'*)

ポップサウンドが特徴で、バンドという形態をとりながらも、歌を大切にしており、アマチュア時代から一貫して、桜井がほとんどの曲を作詞・作曲し、小林武史とMr.Childrenが編曲を担当している。ただ、作詞はほぼ桜井1人によるものだが、作曲は必ずしもそうではない。メロディー重視のバラードなどの「歌もの」は、桜井がほとんど1人で作曲するが、サウンド重視の楽曲は、桜井がある程度曲の骨格をつくり、そこからメンバー及び小林と合同で、バンドセッションを繰り返し、完成させる。場合によっては、桜井の作ったデモテープから大幅に変わる曲もあり、クレジット上では、作曲:桜井和寿になっていても、厳密には作曲:Mr.Childrenという色が強い曲もある。曲作りの主な流れは、以下の通り。


1. 桜井が、日常の中でふと浮かんだメロディーを、ICレコーダーなどの携帯記録媒体に録音。

2. それを元に、ギターやピアノを弾きながら作曲。1997年からは、自宅地下の作曲ルームで、Pro Toolsを使用した、機械的な作曲も行われている[3]。

3. 出来上がった曲に、歌詞をつける。曲のメロディーにつられるように、同時に歌詞が浮かぶこともある。

4. そのデモテープをスタジオに持ち込み、メンバー及び小林と合同で編曲。メンバーは、自分の担当楽器のパートを音色付けしたり、改良する。小林は、主にキーボード・アレンジとストリングス・アレンジを担当し、場合によっては、桜井に対し一部歌詞の変更を求める






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




▼ALIVE   (当時の桜井はプライベートな問題で「精神的にかなり苦しんでいた」と語っており、この曲にはそのような厭世観、無常観が色濃く反映されているが、サビの部分は前向きな歌詞である。手塚治虫の「ブッダ」に影響されたとも語っている。)

▼渇いたkiss

▼Another Story

▼タイムマシーンに乗って(社会を風刺した攻撃的なロック。仮タイトルは「バカ・ロック」。)

▼ランニングハイ(桜井がレコーディングの際、体調があまり良くない状態であったが、桜井曰く、「この曲を作るためには必要な体調の悪さだった」と語っている。仮タイトルは「歪み(ひずみ)」。)

▼雨のち晴れ

▼ためいきの日曜日(桜井が風呂に入っている時にサビの構成が浮かび、そこから一気に書き上げた曲。)

▼深海

▼SUNRISE

▼Monster

▼BLUE

▼【es】 〜Theme of es〜

▼さよならは夢の中へ

▼Dance Dance Dance

▼ファスナー

▼グッバイ・マイ・グルーミーデイズ

▼Bird Cage

▼花 -Mémento-Mori-

▼マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

▼ニシエヒガシエ

▼Worlds end

▼シーラカンス

▼everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

▼Another Mind

▼蜃気楼

▼I'LL BE

NOT FOUND

天頂バス

フェイク

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 28人

もっと見る

開設日
2009年12月9日

2551日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!