mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 井上円了

井上円了

井上円了

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

哲学者としてはもとより、東洋大学の学祖であり、妖怪博士としても有名な円了先生。

まだ、「大学」というものが少数の国家を支配する階層エリートを育てる機関であった時代に、井上先生は「庶民にも大学を!」と哲学館(後の東洋大学)を創設し、非常に安い学費で大学の授業を庶民に広めました。
---------------------------------------------------------
井上円了博士について
【明治・大正時代の仏教哲学者、教育家。安政(あんせい)5年2月4日、越後(えちご)(新潟県)三島郡の浄土真宗大谷派慈光寺に生まれる。幼名は岸丸、のちに襲常(しゅうじょう)、得度して円了と改名した。号は甫水(ほすい)。石黒忠悳(いしぐろただのり)より漢籍を学び、長岡洋学校、東本願寺教師学校、東京大学哲学科を卒業後、キリスト教や欧化的風潮、仏教僧侶(そうりょ)の腐敗に対して、『真理金針(しんりこんしん)』(1886)、『仏教活論(序論)』(1887)を著して警醒(けいせい)に努めた。また哲学会、国家学会を組織、1887年(明治20)には哲学館(後の東洋大学)を創立した。また東京・中野に哲学堂を建て、釈迦(しゃか)、孔子、ソクラテス、カントの四聖を祀(まつ)った。晩年は迷信否定のため『妖怪(ようかい)学講義録』を著し、世に妖怪博士と称された。『仏教活論』の主張は、倶舎(くしゃ)の哲学は唯物論に、法相(ほっそう)の阿頼耶識(あらやしき)はカントやフィヒテの絶対主観に合致し、これらを統一したものが天台の中道(ちゅうどう)思想であること、大乗思想は西洋の最大幸福説と同一に帰するとすることなどで、キリスト教に対して仏教の優位を説き、明治仏教界に多大の影響を与え、仏教復興の端緒となった。大正8年6月5日、中国旅行中、遼寧(りょうねい)省大連(だいれん)で客死した。/文:金田諦応】
※日本大百科全書より引用 (c)Shogakukan Inc.
----------------------------------------------------------

開設日
2004年10月20日
(運営期間4358日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
176人
関連ワード