mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ダヴィンチのメモ数に負けねぇ!

ダヴィンチのメモ数に負けねぇ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月10日 00:54更新

※コミュの趣旨。必ずご確認ください。

かのレオナルド・ダ・ヴィンチは、生涯を全うするまでに約5万ページの手書きのメモを残した。

なぜか。

それは彼が『記憶障害』を抱えていたため、短期記憶を保持する事が出来なかったのだ。

そんな彼がなぜ天才となり得たのか。

しかも彼は『読字障害』も抱えていた。

ダ・ヴィンチには、視覚情報の上下左右が制御出来ず、鏡像に見えたり、上下逆さまに見えたり、あるいはその両方を合わせたアベコベ文字に見えたり、さらには正しく見えることもあったと推測されている。

単純に言ってしまうと、そのような世界で生きるには、人の4倍の読解力が必要なのだ。その上『記憶障害』もあったのだ。事態はおそらく、それよりももっと複雑かつ深刻であっただろう。

しかし彼は、そういった『記憶障害』や『読字障害』を認識した時も、だからと言ってあきらめたり、考えることを止めたりは決してしなかった。

その姿勢こそが彼の天才たる所以〈ゆえん〉である。



アルベルト・アインシュタインの話もしておきたい。

彼も記憶することが苦手だった。

相対性理論を発表した時も、光の速さすら思い出さなかったほどだ。

というよりも、『覚えなくてもよい事柄を覚えることにより、空想をする脳の領域が狭められる』と信じていて、記憶する事を、逆に毛嫌いするほどだったそうだ。


私がそこから学んだのは、『今ある環境下、そのルールを理解することである。』ということだ。


その為に私達はメモをする。

かのレオナルド・ダ・ヴィンチは、生涯を全うするまでに約5万ページの手書きのメモを残した。

私達はmixiにメモをする。笑

しかもみんなでメモをする。笑



一人じゃあ気が遠くなるが、みんなでやるのなら、50トピックを1000件にするだけだ。笑

楽勝♪楽勝♪笑

みんなの力で、このコミュニティーを『いい感じに生きるためのヒントじゃないか?』って思ったことでいっぱいにしたい。


そんな感じぴかぴか(新しい)

ここまで読んでくださりありがとうございました! by管理人

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2009年11月18日

2834日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!