mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Franz Schmidt (F.シュミット)

Franz Schmidt (F.シュミット)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年6月16日 00:36更新

オーストリアの作曲家、フランツ・シュミットのコミュニティです!

もしも彼の音楽がお好きな方がいましたら、語り合いましょう♪


フランツ・シュミット(Franz Schmidt, 1874年12月22日 - 1939年2月11日)は、オーストリアの作曲家。同時代のフランスの作曲家フローラン・シュミットとの区別の必要から、両者ともに氏名を省略せずにカナ書きすることが通例である。これは、名前の頭文字と姓だけでは、両者の区別がつかないことによる。

プレスブルク(現在はスロヴァキアの首都ブラチスラヴァ)に生まれる。ピアノを短期間テオドール・レシェティツキーに学ぶが、そりが合わなかった。1888年に家族と共にウィーンに転居し、ウィーン音楽院にて作曲をローベルト・フックスに、チェロをフェルディナント・ヘルメスベルガーに師事、1896年に「優秀賞」を得て卒業した。ウィーン宮廷歌劇場管弦楽団にチェリストの座を射止めて(しばしばマーラーの指揮の下に)、1914年まで演奏した(同オーケストラに就職する際、13人のライバル候補を蹴落としたといわれる)。1925年にウィーン音楽アカデミー理事に、1927年には院長に就任。健康の悪化に伴い、1937年初頭にアカデミー辞職を余儀なくされ、1939年に他界した。

シュミットは交響曲を4曲 (1899, 1913, 1928, 1933) 、オペラ「ノートルダム」 (Notre Dame, 1904-1906) と「フレディグンディス」 (Fredigundis, 1916-1921) 、2つの弦楽四重奏曲 (1925, 1929) 、ピアノ五重奏曲 (1926) 、2つのクラリネット五重奏曲、2つの弦楽三重奏曲、左手のためのピアノ四重奏曲 (1932, 1938) 、ベートーヴェンの主題による2つの協奏的変奏曲 (1923) 、ハンガリー騎兵の歌による管弦楽のための変奏曲 (1930) 、ピアノ協奏曲 (1934) のほか、大量のオルガン作品の中には、前奏曲とフーガ ホ長調 (1924) 、トッカータ ハ長調 (1927) が含まれる。「ヨハネの黙示録」に作曲されたオラトリオ「7つの封印の書」 (Das Buch mit sieben Siegeln, 1935-1937) は、特筆に価する。

シュミットは、的外れではあるにせよ、おおむね保守的な作曲家と見なされている。しかし、作品の多くに見られるリズム面での巧妙さや和声の複雑さが、これを裏切っている。シュミットは、モダニストたることなしにモダンな作品を書いており、一連の偉大なオーストリアやドイツの作曲家に対する敬意と、和声やオーケストレーションにおけるきわめて個性的な独創性とを結び付けている。シュミット作品のかなりの技術的な洗練は、尊敬せずにはいられないが、それでも虻蜂取らずに終わったようだ。すなわち彼の作品は、保守主義指向というにははあまりに複雑にすぎ、それでいてなお、前衛的というには伝統的すぎるのが明々白々である(それに彼の作品は、演奏するのが至難なことでも評判が悪い)。

死後の評価は、誤って伝えられたナチズム協力の非難のために、長年にわたって好ましいものではなかったが、シュミットのユダヤ人の友人、同僚たち ― オスカー・アドラー (Oskar Adler) やハンス・ケラー (Hans Keller) ら ― により強力な反証が挙げられてきた。1970年代に彼の作品は地味な復活をとげたが、この地味な状況は今も再発見や再評価の当時と変わっていない。 (Wikipediaより)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2009年11月17日

2750日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!