mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 王鐸

王鐸

王鐸

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年9月10日 22:19更新

明清時代を駆け抜けた書家である王鐸
長条幅に書かれた連綿草などなど、王鐸好きが集まるコミュです。

王鐸とは…
**************★Wikipediaよりコピペ★***********************
【人物】
王鐸(おう たく、1592年 - 1652年)は、明末清初の書家。孟津(河南省洛陽市)の人。字は覚斯(かくし)また覚之、嵩樵(すいしょう)・癡菴・十樵・石樵・擬山園などと号し、官は礼部尚書[1]に至った。背が高く、立派な長い髯で、いかにも中国の高官にふさわしい風貌であったといわれる。

【経歴】
天啓2年(1622年)、30歳で進士の試験に合格し、明朝に仕え翰林院に入って順調に出世した。そして、崇禎17年(1644年)、礼部尚書となったが、赴任する前に清の軍が江寧城(現在の南京市)に迫ったので、順治2年(1645年)、清に降伏し、同3年に弘文院学士(こうぶんいんがくし)に迎えられた。その後、非常に優遇され、同9年、ここでも礼部尚書に至るが、その年に郷里で病没した。享年61。諡は文安(ぶんあん)。

詩文書画ともに優れているが、書名は特に高く、董其昌と比肩する。学問では特に歴史に優れ、清朝では明史編纂の副総裁に任じられた。王鐸と同年の進士に倪元璐と黄道周がおり、3人はともに翰林院に入り意気投合して学問を研鑽しあっていた。

明滅亡の危機に、倪元璐や黄道周など国に殉じたものが多いのに対し、王鐸は要職にありながら政局に疎く、無能の官僚と誹謗され、また、敵に降って優遇されたため、弐臣(じしん)とよばれて白眼視された。しかし、王鐸の学問人物が非常に優れ、王鐸の勢力下に有能な人たちが多く、清朝の強い要求があったのが清に仕えた理由といわれている。

【書】
書を学び始めたのは10歳前後で、13歳から『集王聖教序』に取り組んだ。その後、米芾も習ったが学書の中心は二王で、なかでも『淳化閣帖』の臨模を徹底し、その研鑽は生涯続いた。そして、王献之の一筆書の書風をさらに徹底させ、数十字にわたる連綿草を長条幅に書き、独自の書風を生んだ。また、鍾繇風の小楷や顔真卿風の楷書も評価が高い。

彼自身の言葉として、「毎字須く写すこと一万遍に至るべし。書法のはじめは法帖に入り難く、その後は法帖を出で難し」と言ったと、同時代の学者、劉献廷(りゅう けんてい)の記録にある。これは書の奥義に入ることの困難を語るとともに、彼が帖学に傾倒しつつ、ついに自在の境に達したことを物語っている。


*********************************************************

※管理人へのご要望は、お気軽にメッセージください。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 43人

もっと見る

開設日
2009年11月13日

2577日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!