mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 中谷一馬

中谷一馬

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年10月14日 22:22更新

-------------------------

Ameblo 公式Blog「おもしろき こともなき世を おもしろく」
http://ameblo.jp/kazuma-nakatani/

-------------------------

中谷一馬 official website
http://kazumanakatani.com/

-------------------------

名前:
中谷 一馬(なかたにかずま)

生年月日:
1983年(昭和58年)8月30日

年令:
27歳

血液型:
B型

趣味:
・旅行・散歩
└ 色々な土地、環境にふれる事で街づくりのヒントが得られます(^^)
・スポーツ全般
└ サッカー・野球・格闘技が大好きです。

特徴:
* 新しい事への挑戦意欲が旺盛で、常に新しいアイディアを取り入れる様に心掛けています。
* 率先的に行動し、目標に対して結果を出す、行動力・機動力に自信があります。
* 人とコミュニケーションをとる事が大好きで、そのおかげか多くの素晴らしい友人に恵まれています。

資格:
・柔道整復師
└ 接骨院の先生の資格です。

・柔道初段
└ 礼節など武道の精神を学びました。

中谷一馬の経歴

学歴
・日吉中学校 卒業
└ 地元・日吉の中学校に通っていました。

・横浜平沼高校 卒業
└ ヤンチャ坊主でしたが、生徒会 副会長、サッカー部のキャプテン等、学内活動にも力を注いでいました。

・呉竹鍼灸柔整専門学校 卒業
└ 新横浜にある接骨院の先生になる為の資格をとる専門学校です。)

・慶應義塾大学 経済学部 在籍
└ 正科生として現在在学中。

職歴:
・Bar&Dining Reality 代表
└ ただのお金儲けではなく人という財産を大切にしようと考え、
いつも仲間達で溢れる飲食店を作りたいと考えこの店をOPENさせました。
http://bar-reality.com/index.html

・株式会社アットムービー・パイレーツ(現:gumi) 執行役員 兼 マーケティング統括
└ 私のITの先生である、代表取締役社長の国光宏尚さんに高く評価して頂き、主にマーケティング業務を中心に働かせて頂きました。
http://atmp.jp/

・株式会社プリマプロジェクト 執行役員
└ 同世代で最も影響を受けた人物の一人である、代表取締役社長の木暮康雄さんの人間性に惹かれ、彼の力になれればと少しの間ですがお手伝いさせて頂きました。
http://primaproject.info/

・第94代内閣総理大臣 菅直人 秘書
└尊敬する菅直人さんの下で秘書を務めました。どれだけ出世されても庶民目線を忘れない最高の人物です。
http://www.n-kan.jp/

・衆議院議員 首藤信彦 秘書
└我等が神奈川県第七区総支部(横浜市 港北区・都筑区)総支部長 首藤信彦さんの下で公設第一秘書を務めさせて頂きました。深い情愛と強い信念をもった素晴らしい人物です。
http://www.sutoband.net/


*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆


中谷一馬の原点

『この国想い、未来を創る。』

この度「自分達の時代は自分達で担う」
という責任と信念のもと、多くの仲間とともに生まれ育った地域から、未来の日本を担うことになる若者の世代に向けた政策の立案・実施を通した社会変革・形成にこの人生を投じる決意で、政界への挑戦を決意致しました。

私は衆議院議員の秘書として、ご支援くださる個人・団体との渉外活動、議員事務所の財務運営業務や、議員事務所での職務体験や選挙活動等を通した若者の政治参画を勧める事業の企画・運営等に携わっておりますが、私が政治の世界に飛び込み活動させていただくようになった背景には、自身の生い立ちやこれまでの学習歴、職務経験等が大きく関係しております。

振り返れば思春期以降の中高生時代は学習意欲が全く沸かず、その上社会や環境に対する疑問や葛藤ばかりが強く、同じような思いを持った同世代の友人達とそれをいつもぶつけ合って日々を過ごしておりました。しかし母子家庭に育ち経済的自立に焦っていた自分は、半ば諦めかけていた高校の卒業を経て医療に関する国家資格の取得を目指して専門学校に進み、また周囲からの後押しもあって同じように社会への疑問や葛藤を持った若者が集い励まし合うことのできる飲食店の経営をさせていただくことになりました。
しかし、この店に集まってくれた仲間の口からは、若者の多くが経済的な自立のための機会や環境に恵まれていないこと、そして仕事や学習に意欲的になれないことへの不満や焦りが次々と飛び出しました。私はこれには社会的な問題があることを痛感し、国家資格も無事取得することができましたが、他の全ての道を絶ち思い切って政治の世界に飛び込み、自分達が生きる時代を自分達の手で豊かにしていくための足がかりを作るべく今日まで職務に取り組んで参りました。

現在、我が国は右肩上がりの経済成長を終え、著しい高齢化に加えて人口も減少の見込みであり、高度成長期に形成された現状の社会システムはこれ以上踏襲できない状況にあります。そしてその経済負担を将来に先送りするばかりでは未来へのしわ寄せはさらに大きくなり世代間格差が広がる一方です。それを防ぐためには、異なる世代同士が対等に議論し、限られた資源を公平に配分して全世代が共に豊かになるための成熟社会における持続可能な新しいシステムを考えていく必要があります。私はまず、自分自身がその当事者の一人として一歩を踏み出さなければならない、この覚悟と想いで希望に溢れた未来を創っていきます。

*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆

中谷一馬の考え方

中谷一馬と今までの政治家とは違いは、国民のみなさんに常に新たな価値を提供し続ける
『新世代の政治家』になります。
どんな政策を実現したいのか!?


◆出産・子育てについての考え方

* 出産の経済的負担を軽減し、子どもが産みやすい環境を整備する。
* 子育ての心配をなくす為に、「子育てママ」に優しい社会作りを実現し、社会全体で子育てするしくみを構築します。
* 低所得家庭の授業料無償化や就学援助などのしくみ作りを推進し、具体的な支援で家計を助けます。
* 在宅就労の促進、保育所の待機児童を解消、離婚時の養育費支払の履行確保などの 総合的な支援策を講じる。


◆教育についての考え方

* 日本人の長所である知恵・技術・勤勉さを活かす為に「勉強したい全ての子どもたち」に教育をうけられる機会を与え、日本の底力を向上させます。
* 世界で闘える基礎学力の向上、道徳教育や伝統文化学習の大切さを学べるしくみ作りを行います。
* 子どもたちの夢と可能性を育てる為に、トップレベルのアスリートを育成出来る環境作りを推進していきます。
* 教職を目指す学生、高齢者、子育てママなどの地域住民達が学校教育に参加出来るしくみ作りを行い、いじめや不登校の未然防止や早期発見・対応、教育相談体制の充実を図ります。

〜安心して子育てできる社会を作ります〜

子どもたちは日本の未来を担う宝物です。民主党・中谷一馬は、単に親だけに子育ての責任を負わせるのではなく、社会全体で子育てと教育を支える仕組みを作り、誰もが安心して子どもを産み、育てることができるような社会制度を構築します。
また高校教育も無償化を進めるとともに、大学、専門学校などについては奨学金制度を拡充して、親の負担を軽減します。国、地方自治体、学校、親、地域社会が力を合わせ、互いに責任を持って、日本の子どもたちに等しく教育のチャンスを保障します。


◆おじいちゃん・おばあちゃんを支えるしくみの考え方

* 命の大切さを第一に、医療や介護に不安のない暮らしを実現する為の社会制度を思案します。
* 介護・看護サービス付き高齢者住宅の計画的整備や、公共機関のバリアフリー化を促進し、お年寄りが住みやすい街を造ります。
* 高齢者の方が元気にイキイキと活躍できる社会を実現する為に、人材バンクを設置し、経験・知見を活かした就労・ボランティアへの参加拡大を図り、「生涯現役社会」を実現します。
* 高齢社会に対応した多様な生き方の実現等を目指し、大学や専修学校等で生涯を通じて新しい知識や教養を身につけられる、「生涯学習社会」を構築します。


◆年金・医療に対する考え方

* 「年金通帳」「社会保障番号」を導入し、消えない年金制度を作ります。
* 救急、産科、小児、外科等の医療提供体制の再建を行う為に、診療報酬をプラス改訂し、医師数を増加させて、安心できる地域医療環境を整備します。
* 医学部学生を増やし、医師数を先進国並みにします。看護師などの医療従事者も増員します。
* いつでも・どこでも医療を受けられる制度を設計する為に、医療従事者の権限の見直しを検討する。


◆介護・福祉に対する考え方

* 介護従事者の報酬のアップや外国人労働者の受け入れを検討し、介護に当たる人材を確保して、より良い介護環境の整備します。
* 障がい者の方が当たり前に地域で暮らし、地域の一員としてともに生活できる社会をつくる。
* 母子・父子家庭でも安心して子育て出来る環境を作る為に、子供手当ての充実など社会全体で子供を支えるシステムを構築する。
* 社会全体で適度な負担をもつ事により、バランスの良い福祉サービスを行える社会制度を実現する。


◆安心できる年金・社会保障制度を整えます

日本が世界に誇るべき社会保障制度であったはずの年金は、今や風前の灯火。民主党・中谷一馬は、国民の年金を守る為に、今後、二度と無責任な行政が行われないように、年金制度を一元化して、国が全ての国民に全責任を持つ「信じられる年金制度」を作ります。国民の保険料をきちんと管理もできず、保険料をムダづかいしてきた体制にメスを入れ、税金のムダづかいをなくすことで、国民の生活を守ります。


◆地域のかたちの考え方

* 「地方分権」を確立する為、財源を地方に分配し、「地域主権」への議論を行います。
* 中央政府の役割は外交・安全保障などに特化し、地方でできることは地方に移譲します。
* 補助金を地方の自主財源に転換し、自由な裁量で、各自治体に任せるしくみ作りを行います。
* 「地方版・行政刷新会議」を設立し、地域の政策・支出を、現場調査、外部意見を踏まえて検証する。
* 透明かつクリーンな政治を実現する為に、税金の使い途を全て明らかにして、国民がチェック出来るシステムを構築する。
* 地域の産業を再生し、雇用を拡大することによって地域を活性化する。

〜家はその土地の大工に建てさせよ〜

地域のことは地域で決める「分権国家」を目指します。中谷一馬が永田町の議員事務所に入ったのは、行政のムダをなくし、真の行財政改革を断行するには、まず中身を知らないと不可能であると考えたからです。永田町の構造を知る中谷一馬にしか出来ない、真の行財政改革、地域主権を断行します。

〜お金はクリーンに!!〜

数多くの国民は、数々の政治資金問題で政治に嫌気がさし、不信感を持っています。
中谷一馬は、透明かつクリーンな政治資金管理を目指し、手作り、ボランティアによる『お金のかからない政治』を行います。


◆会社・お仕事をを支えるしくみの考え方

* 外国人労働者の受け入れを検討し、労働力確保、社会保障制度の維持、地域社会の維持・運営を行う。
* 私達の町の小さな会社や工場を支える為に、企業の法人税率の引き下げを検討し、融資に対する個人保証を見直すなど、中小企業の経済支援を強力に進めます。
* 最先端の技術やノウハウが経済をリードして行ける様に、ものづくりの技術革新やベンチャー企業の支援などを積極的にサポートして行きます。
* 手当て付き職業訓練制度により、求職者が労働環境に適応する為のしくみづくりを行います。
* 全ての労働者が1人ひとりの意識やニーズに応じて、やりがいのある仕事と充実した生活を調和させることのできる「ワークライフバランス」の実現を目指す。


◆環境に対する考え方

* 2020年までに温暖化ガスを削減するため、排出量取引市場を創設し、地球温暖化対策税の導入を検討します。
* 太陽光パネル、環境対応車、省エネ家電などの購入を助成し、温暖化対策と新産業育成を進めます。
* 全量買い取り方式の再生可能エネルギーに対する固定価格買取制度を導入し、効率的な電力網(スマートグリッド)の技術開発・普及を促進する。
* 環境技術の研究開発・実用化を進めることで、わが国の国際競争力を維持・向上させる。

〜世界一の「環境立国」を目指す〜

日本は世界に冠たる環境技術・省エネルギー技術を持っている国です。
これからの日本が地球環境で世界をリードしていくための政策を実現していきます。


◆国のかたちの考え方

* 「天下り」「渡り」を全面的に根絶する為に、特別会計、独立行政法人、公益法人の仕事を 徹底的に見直します。
* 官製談合と不透明な随意契約は一掃、国民の税金を、国民の手に取り戻します。
* 必要なものは増やし、そうでないものは削る努力を行う為、国家公務員の総人件費を削減や議員数の削減を行います。

〜まったく新しいタイプの政治家に 〜

今までの政治家は、政策立案は官僚に任せっきりで、利益誘導や口利きによる票集めや派閥での権力闘争ばかりを行い、行政をリードする意思と能力がありませんでした。
その結果、国民は政治に期待をせず、「どうせ何も変わらない」と諦めてしまっているのです。

中谷一馬は、政治家自らが政策を作り、常に情報発信し続ける『新しい政治』を行い、国民の皆様から、政治への期待と信頼を寄せて頂ける様に日々精進していく所存です。


*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆

中谷一馬の想い


政治とは誰の為にあるのか。

未来を生きる若者の為。

子育てをするお父さん・お母さんの為。

年金・医療問題で困っているおじいちゃん・おばあちゃんの為。

政治とは生活。

すなわち政治とは、庶民の生活の為にあるものです。

その政治を運営する、議会とは誰の為にあるのか。

議会とは、一部の既得権益にしがみついた利益代表の為にあるものではありません。

議会とは、社会の縮図であるべきです。

若者の代表。

中学卒・高校卒者の代表

お医者さんの代表。

お父さん、お母さんの代表。

等、様々な代表が集まって限られたパイを有効かつ公平に分配する場所が議会なのです。

自分と同じ想いを共有し、同じ問題に取り組む事の出来る身近な人物を政治の世界に送り出す事で生活を豊かにする。

その状況が本来の議会制民主主義のあるべき姿です。

そんな中で現状(2010年8月現在)、私達若年層世代(0歳〜30歳)の代表となる20代の政治家は国会議員では722人中4人(0.8%)神奈川県議会議員では107人中0人(0%)と一人もいません。

こうした現状が世代間格差を生み、将来にツケを払わせる政治を作り出した元凶であると考えます。

また学歴別国会議員比率を見ると、中学卒の議員は722人中1人(0.1%)・高校卒の議員722人中36人(4.9%)とこちらも少数となっており、
教育格差→学歴格差→所得格差という負のスパイラルを生んでいる現状は、実はこうした根本的な構造が解決されない為に起きている事なのです。

私達は、こういった人々に想いを発信したい。

頑張れば夢は叶えられる、やればなんでもできるんだという事を世の中で証明し、努力する事を諦めてしまっていた人々に夢を与えられる様な政治を行いたい。

そして神奈川県から日本を変え、日本から未来を変える。

未来の世界は、この世に生きる人全てが幸せであれる様に、今までどの世代も成しえなかったそんな世界を私達世代みんなの力で作っていこうという意気込みで、私達からこの思いを発信し、私達の手で最高に素敵な未来を作って行けたら良いなと思っています。  

*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆


【道徳】

マナーを守る。
モラルについて考える。
英国紳士ではありませんが、日本人としての人情と道徳を大切に。

☆妊婦、お年寄りに座席を譲る
☆喫煙場所以外では煙草は吸わない 携帯灰皿などの携行
☆弱い者イジメはしない
☆女、子供は絶対殴らない
☆弱きを守る心得 思いやり
☆礼儀を欠かさない
☆ゴミ、煙草のポイ捨て禁止
☆人にやさしく
☆潔く生きる
☆日本人としての道徳を持つ

*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆

常に若者の流行の最先端を走る横浜・・・。

薬物、援交、窃盗、暴力etc・・・

未だ若者が抱える問題は絶えることなく、むしろ蔓延しているとさえ受け取ることが出来るこの時代に、一人の青年が立ちはだかる。

『俺達若者にしか変えられない世界がある!!』

一人じゃ出来ない事もみんななら出来る!!

みんなの力で日本を変えよう!

日本から世界を変え 世界から未来を変える

未来の世界はこの世に生きる人全てが幸せであれる様に

今までどの世代も成しえなかった

そんな世界を俺等の世代皆の力で作っていこう!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 181人

もっと見る

開設日
2005年12月5日

4335日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人