mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 糖葫蘆西施 (タンフールー西施)

糖葫蘆西施 (タンフールー西施)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年6月5日 13:37更新

「糖葫蘆西施」(タンフールー西施) とのあだ名をつけられている康(カン)さんは、
5年前に河南省からやってきた19歳の少女。
西安交通大学のキャンパス付近で毎日、夕方ごろからタンフールーを売ってます。
その愛らしい容姿もさることながら、
地方出身とは思えないオシャレな出で立ちも相まって、
 「なぜこんなかわいい子が屋台の売り子に?」
と付近の男子学生らから注目を浴び、話題沸騰!
 
 
“糖葫蘆西施”值得交大學生去追求嗎?
  http://big5.cri.cn/gate/big5/gb.cri.cn/27824/2009/10/20/882s2652661.htm
近日,西安交大南門外一名賣糖葫蘆的女孩近日走紅西安交大BBS,受到該校男生的追捧。網友打探到,“糖葫蘆西施”來自河南,來西安5年。“糖葫蘆西施”本人稱,自己討厭做生意也想和學生一樣上學,但自己腦子笨,學不進去。
( 《華商報》 2009年10月19日)

愛美之心,人皆有之,同樣,愛美女之心,大學生皆有之。這本身是無可非議的,“糖葫蘆西施”在校外賣甜點也沒有違背商業市場法則,屬於合法營業;然而當“糖葫蘆西施”碰上大學生,便成為校園話題的焦點、成為大學校園BBS上每日公共議題,進而成為交大學生的“草根明星”。這就讓筆者忍不住要問:“糖葫蘆西施”就真的比豐富多姿的校園文化更值得交大學生去追求嗎?怎麼就沒看到大學生投身校園文化時有這麼高的熱情呢?

作為中國高校的一個代表,西安交大“糖葫蘆西施”現象只是全國高校諸如此類現象的一個縮影而已,在“糖葫蘆西施”背後,還有成千上萬受高校學生追捧的“超市收銀西施”、“食堂饅頭西施”、“水果攤西施”等等。高校校園文化普遍呈現出來了美女情節,而一些諸如“校園英語角”、“校園國學社”卻離大學生們越來越遠,或者變成只是少數大學生的事情;一度極熱的校園歌曲、校園文藝、校園國學似乎成了一段塵封的歷史;而美女們,正在代言著高校校園文化的取向。

這是一種不正常的文化現象,或者說這種文化現象總是顯得不那麼健康。

作為大學生的我們,是不是該這樣反思一下:當我們把美女當成個體來欣賞時,我們是在滿足自己人的本性;但是作為大學生的我們,把美女當成一種文化上的一種取向,讓與美女有關的文字和討論充斥在校園的各個角落和各種校園公共論壇,是不是也在滿足大學生的應有的文化價值取向呢?

毋庸置疑,答案是否定的。當大學生們興奮的喊著“不要迷戀哥,哥只是個傳說”、“不要迷戀姨,姨只是個傳奇”時,我們看到的是大學生的寂寞,或者說是大學校園文化的寂寞;這是可悲的,也透著十分的可怕:當校園文化日漸寂寞,大學生茶余飯後、網上課下都在談論著美女和西施,而不再談論國學、文藝,大學生們將來還怎麼去“明”、“親民”呢?

西安交大“糖葫蘆西施”作為普遍反映中國高校校園文化寂寞化的現象,具有標本意義,反映出來的是當代大學生文化追求上的極度匱乏和文化取向上的心理偏頗,對此,我們應持警β崚戞I者同時以為,在大學校園文化日益衰退的今天,我們既要防止“西施”們搶佔大學校園文化高地,也要從根本上重塑嶄新的校園文化,以適應新時期大學生新的文化品味。


「かわいすぎ!」路上の飴売り美少女が話題に―陝西省西安市
2009年10月21日、陝西省西安市の路上で「タンフールー(糖葫蘆)」と呼ばれる中国の伝統的な飴菓子を売る美少女が話題となり、その写真や関連記事が次々とネット上に掲載されている。以前より付近の大学生の間ではアイドル的な存在になっていたという。新華網が伝えた。

「タンフールー西施」とのあだ名をつけられている康(カン)さんは、5年前に河南省から出稼ぎにやってきた19歳の少女。西安交通大学のキャンパス付近で毎日、夕方ごろからタンフールーを売っている。その愛らしい容姿もさることながら、地方出身とは思えないオシャレな出で立ちも相まって、「なぜこんなかわいい子が屋台の売り子に?」と付近の男子学生らから注目を浴び、校内のBBS(掲示板)で話題が沸騰したという。

この世の中、美少女は星の数ほどいる。また、屋台の売り子もあり余るほど存在する。しかし、その両方の条件を兼ねそなえた康さんのような人物は、そうそういないだろう。中国ではこのところ、こうした「草の根アイドル」がたびたび話題となっている。「美少女車掌」に「揚げパン西施」「イケメンパン屋」など、いずれも容姿が優れていながら、至ってふつうの職業についているというギャップこそが「萌えどころ」となっている。「こんなに美人なのに、なんでこんな退屈な仕事を?収入も低いのに…」こんな声がネット上でも聞かれる。

ちなみに、「タンフールー西施」とのあだ名の由来だが、西施(せいし)は楊貴妃と並ぶ歴史上の美女。中国には「情人眼裏出西施(恋人の目には西施)」ということわざがあり、どんな女性も恋人の目から見ればとびきりの美女に見える、という意味がある。日本でいう「あばたもえくぼ」というところか。西施は美女の代名詞として、楊貴妃以上によく用いられる印象だ。

また、タンフールーという伝統菓子だが、これは中国北部では昔からポピュラーなもの。非常に酸味の強い「サンザシ」という赤い果物を串に指して飴がけをしたもので、甘さと酸っぱさ、そして固まった飴の歯ざわりが楽しい冬の風物詩だ。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2009年10月22日

2895日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!