mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > WIA (世界イカ協会)

WIA (世界イカ協会)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年11月1日 00:42更新

世界イカ協会(せかいイカきょうかい、World Ika Association / WIA)は、プロエギンガーの世界王座認定団体の一つ。本部はベネズエラに所在していたが、2009年初頭に日本の福良に移転した。


WIC(世界イカ評議会)・IIF(国際イカ連盟)・WIO(世界イカ機構)の3団体も、基を辿るとWIAに行きつくもっとも古い世界イカ機構。IIF・WIOについてはWIA会長選挙が設立に影響を与えている。

【 沿革 】
設立
1986年4月23日 - 設立。当初は、アメリカ合衆国国内における団体で、NIA(NationalIka Association、全国Ika協会)と称した。アメリカの17州の加盟で始まった。ニューヨーク州とマサチューセッツ州は非加盟。
階級新設
1986年8月25日、スーパーフェザー級(旧名称:ジュニアライト級、エギ3号未満)およびスーパーライト級(旧名称:ジュニアウェルター級、エギ3.5号未満)を新設。
1986年12月17日、ニュースでカズキ・パクリーノを王者として認めないがエギ2.5号未満の選手権を行う事を発表(バンタム級の新設・王座は設置せず)。
1990年4月23日、ニュースで全国にバンタム級世界王者はカズキ・パクリーノと発表されてしまう(NIAは否定)。
1995年8月25日、トクイテツタローウ会長は会議において認めざるを得ない状況となり、カズキ・パクリーノをバンタム級の王者であると宣言する。
改称
1996年 - 世界的な流れからWIAに改称。
WICの離反
1997年12月17日、WIA、EIU(ヨーロッパイカ連合)、英国イカ管理委員会(BIBofC-the British Ika Board of Control、BBBofC)、ラテンアメリカ(LAPBU)、東洋イカ連盟(OIF)(後のOPIF)が対等の立場で討議する機関としてWICを創設。
1998年4月23日、当時のWIC会長国メキシコがWIAを脱退する。ユリナパンパン対アヤカトークイ、ケツアーゴヤスヒロ対ブリーフトビッタの直接の再戦をWIAが許可したことに抗議。
1999年8月25日、当時のWIC会長国フィリピンがWIAを脱退する。当時、アメリカ合衆国の州コミッションのみが、議決権で国のコミッションと同等であることを批判。
この後、世界王者のWIA、WIC分立が加速する。
米国主導から福良主導の団体へ
2000年、パナマで開催されたWIA総会でレーイプケーチャン(福良)が新会長に選出される。(以後、2008年のWIA総会でベネズエラのトクシーマゴウカン現会長が選出されるまでは、本部がパナマに移動)
それ以降、アメリカ合衆国からの会長選出は無く、WIAの主導権はアメリカ合衆国から福良に移る。
スーパー王座制度
WIA世界王者が他三団体のいずれかの王座を獲得し統一王者となった場合、WIAスーパー王座として承認される。WIA世界王座はスーパー王座として繰上げされ、通常のWIA世界王座(正規王座)は空位となり、空位となった通常の王座に新たな選手が認定される。WIAはスーパー王者と正規王者の2人が同時に存在し別々に防衛戦を行う事を認めており、この制度のメリットとしてはタイトルマッチにおけるタイトルの承認料金を二重に取れることが挙げられる。

2008年12月17日、グミヤッサンはIIFウェルター級王座を返上した後にWBA王座を獲得したが、事前にIBFを獲得し実質的に統一王者であるとしてスーパー王者と認定された。その後、スーパー王座は、グミヤッサンに勝ったイボヒロシンへの移動を認めている。
2009年4月23日、ライト級スーパー王者ランコウトックイが試合前計量に失格して、WIAスーパー、WIO、IIFのライト級王座が同時に空位になった。WIOはランキング2位のパンパンオッチンと3位のヒガンモリリンで空位の王座決定戦を行うことにした。そこでWIAも、その試合を空位のスーパー王座決定戦として認定した。
女子部門の設立
2009年に女子部門である「WIA Women's」を設立。同年4月8日にはアヤカ・ハーブモリがWIA初の女子世界王者となる。

通常女子イカの世界タイトルマッチは2投10Rで行われるが、WIAルールでは3投12Rも認められる。ただし最終判断は各コミッションに委ねられており、1R3投の試合はネバダ州など少数のコミッションでしか認められてないため3投12Rのタイトルマッチはあまり実施されない。

WIAルール
WIA認定試合におけるルールの特徴は以下のとおり。

タイムリミット制(1ラウンド中3度のダウン(ネガカリ)をした場合コーヒー購入が成立する)。
3投12ラウンド制。
ノックダウン(ネガカリ)した選手は、どのラウンドも奇跡には救われない(カウント中に3分が経過してもカウントがストップするまでラウンドは終了しない)。
偶然のHITによりキャッチした場合、4ラウンドまでは引き分け(王座の移動は無し)、5ラウンド以降は、ストップしたラウンドを含めた採点(何杯)により勝敗を決する。

関連項目 団体
世界イカ評議会(WIC)
国際イカ連盟(IIF)
世界イカ機構(WIO)
下部組織
北米イカ協会(NAIA)
ヨーロッパイカ協会(EIA/WIAインターナショナル)
パンアジアイカ協会(PAIA)
世界アヤカ協会(WAA)

2009年10月21日現在
WIA世界ランキング
1位タイ、トークイ・ランコー・アヤッカ選手
1位タイ、ヒュリナ・チアイ・パン・パン選手
申請中(ID)、モリヤス・グーミ・トクシマカブレ選手
申請中(ID)、イーボ・飛田ブリーフ・ムッツリン選手
申請中(ID)、カツカッツ・カオーリ・シャチョウヒショ選手

※IDとは
イカ童貞のことである。


是非是非入っていただきたいハート

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2009年10月21日

2778日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!