mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 吹石 徳一

吹石 徳一

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月21日 02:44更新

吹石 徳一(ふきいし とくいち、1953年4月2日 - )
日本和歌山県出身のプロ野球選手(内野手)、プロ野球指導者、プロ野球スカウト。現在東北楽天ゴールデンイーグルスのチーフスカウトを務める。

妻との間に2男1女。このうち長男は智辯学園高校で甲子園出場経験があり、次男もノンプロの全国大会で完封したことがある野球一家である。長女は女優・タレントの吹石一恵。




来歴・人物
南部高校から社会人野球の日本新薬を経て、1974年のドラフトで近鉄バファローズから4位で指名されプロ入り。背番号は25で、引退まで近鉄に在籍してこの背番号をつけていた。内野はどのポジションでもこなせる器用さがあったが、控え選手としての活躍が多かった。俊足・堅守の内野手として、特に守備に定評があり、内野手にアクシデントがあった時に登場する玄人受けする選手であった。

1980年の日本シリーズ第2戦で逆転の3ランホームランを放つ。翌1981年のシーズンはレギュラーを獲得し規定打席にも到達した(このシーズンの成績は打率.245、10本塁打、48打点、13盗塁)。1980年、1985年のシーズンも100試合以上に出場し、それぞれ12本塁打を放つ活躍をしている。控えが多かったにもかかわらず、生涯通算1000試合超の出場を果たしている。1988年10月19日のダブルヘッダー「10.19」では、負傷欠場していた金村義明に代わって三塁手として出場。第2試合の7回表には、一時勝ち越しとなる本塁打を放つなどの活躍を見せた。このシーズン終了後に現役を引退。

引退後も近鉄にとどまり、守備走塁コーチやスカウトなどを歴任したが、2004年シーズン終了をもって近鉄とオリックス・ブルーウェーブが合併しオリックス・バファローズが発足したことに伴い退団。2005年からは楽天に所属し、近畿地方担当スカウトとして活動していた。2007年3月、楠城徹編成本部スカウト部長が西武ライオンズ時代の不祥事による責任問題から解任・編成本部付(3月12日付)となったことに伴い、楠城の後任として3月27日付でチーフスカウトに就任、現在に至る。

同年代(1953年度〔同年4月2日〜1954年4月1日〕生まれ)の日本プロ野球選手には梨田昌孝、中畑清、真弓明信、若菜嘉晴、羽田耕一、藤瀬史朗、田尾安志、落合博満らがいる。また、梨田・落合をはじめとする1953年(昭和28年)生まれの選手で構成された親睦会「二八会(にっぱちかい)」のメンバーでもある

ウィッキより

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 14人

もっと見る

開設日
2009年10月19日

2655日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!