mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 外山雄三 (指揮者/作曲家)

外山雄三 (指揮者/作曲家)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月15日 15:51更新

外山 雄三 (とやま・ゆうぞう : 1931年5月10日−)

日本の指揮者・作曲家。

東京市牛込区(現在の東京都新宿区)出身。
東京藝術大学音楽学部作曲科卒。
父は作曲家の外山國彦。弟は声楽家・合唱指揮者の外山浩爾。

1948年、東京音楽学校(現・東京芸術大学)本科作曲科に入学。
作曲を下総皖一に、ピアノを田村宏に師事。
1952年、東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。

大学卒業後、NHK交響楽団に入団。
1958年〜1959年にはウィーンやザルツブルクに留学。
その後、大阪フィルハーモニー交響楽団では専属指揮者を、
また京都市交響楽団で常任指揮者、
名古屋フィルハーモニー交響楽団で音楽総監督・常任指揮者、
仙台フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団で
音楽監督をそれぞれ歴任した。

現在はNHK交響楽団の正指揮者(終身職)を担当し、
愛知県立芸術大学で客員教授も務めている。
作曲活動も活発で、発表作品が多数ある。
多数の受賞経験がある他、チャイコフスキーコンクールや
聖チェチリア音楽院国際指揮者コンクールなどの審査員も務めている。

(以上、ウィキペディアより一部抜粋)

---------------------------------------------------------

指揮者・作曲家の外山雄三氏について語り合いましょう。

HP: 「外山雄三 音楽の風景」 http://www.yuzo-toyama.com/

---------------------------------------------------------
【検索用】
ファンタスティック・オーケストラ 名フィル ミュージック・ドリーム
音楽・世界の旅 中京テレビ 日中友好 千人の交響曲 第九
オーケストラ・アカデミカ 合唱団
あたらしい憲法のはなし
管弦楽のためのラプソディ 序 -管弦楽のための-
人類のあたらしい規則 バレエ「幽玄」 交響曲「帰国」
萬華鏡 交響曲「炎の歌」 三つの大阪のうた
京都のうた 奈良のうた 広島の詩 バレエ「お夏、清十郎」
交響曲「風雪」 泣くものか -子どもたちの詩による-
交響詩「まつら」 FANTASIA per Archi
日本抒情組曲 -バスーンとピアノのための-
交響曲「名古屋」 交響曲「五月の歌」 (林 光との共作)
空に小鳥がいなくなった日
おやすみ 交響曲「但馬」 交響曲「あきた」

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2009年10月7日

2820日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!