mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > ニルスクリスティ

ニルスクリスティ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年1月29日 09:47更新

ニルスクリスティ

Professor of Criminology教授犯罪の
Institute of Criminology 刑事政策研究院
Faculty of Law法学部
University of Osloオスロ大学
Box 6706 St. Olavs plass, N-0130 Osloボックス6706聖Olavs plassのN 0130オスロ
E-mail: Nils.Christie@jus.uio.no Eメール:Nils.Christie @ jus.uio.no
Telephone: 47 22 85 01電話:47 22 85 01
Fax: 47 22 85 02 52ファックス:47 22 85 02 52

「人が人を裁くとき―裁判員のための修復的司法入門」
 原書名:En passende mengde kriminalitet(A Suitable Amount of Crime)(Christie,Nils)

 人間らしい社会へ向けた犯罪学者からの提言。
 市場原理主義と“犯罪”増加の因果関係を鋭く分析。
「報復」や「矯正」という概念を超えた「修復的司法」の可能性を説く。

 市場万能主義が人間らしいつながりを破壊する一方、社会の亀裂に対し単純な善悪二分論を持ち出し「悪」を隔離・断罪する手法しかとらない。米国をはじめ世界の誤った趨勢に警鐘を鳴らし、真の安全に向け、報復とも矯正・教育とも違う修復的司法の可能性を説く。

■ ■ 森達也 リアル共同幻想論 ■ ■
http://diamond.jp/series/mori/10027/?page=2

>殺人事件は年間1件だけ!?ノルウェー紀行

>アメリカほどではないにしても、日本も確実に厳罰化の道を歩んでいる。この20年で受刑者の総数は、ほぼ2倍に増加した。つまりオウム以降だ。死刑判決や執行数も急増している。

>世界的なこの傾向とまったく逆の方向に進んでいるのが北欧だ。つまり厳罰化ではなく寛容化政策。特にノルウエーにおいては、ニルス・クリスティの存在は大きい。彼の主張を採用する形でさまざまな刑事司法改革が行われ、そしてその帰結として、治安は劇的に良くなっているという。

殺意ありきの殺人事件は年間1件あるかないか
「殺人事件は年間にどのくらい起きていますか?」

 僕のこの質問に、現地コーディネーターで長く北欧に暮らしてきた奈良伊久子さんは、少しだけ首をひねりながらこう答えた。

「年間ですか? ほとんどないですよ。あるとしても1件くらい」

数秒の間を置いてから僕は言った。

「……まさか」

「たぶんそのくらいです。後でちゃんと調べます」

 後日に判明した正式なデータによれば、ノルウエー国内の年間の殺人事件は、総数で30件弱。ただしそのほとんどは過失致死で、殺意ありきの殺人事件(つまり故殺)は、やはり年間に1件あるかないかだった。

 もちろん日本とノルウエーとでは分母が違う。ノルウエーの人口は約400万人だ。国土面積がほぼ等しい日本のおよそ30分の1。でも人口比で比較しても年間1件は、やはり驚異的な治安の良さだ。

 ただし日本も、厳罰化を進める先進諸国の中では、例外的といえるほどに殺人事件が少ない国だ。人口比率では、実のところノルウェーと大差ない。ところがこの国では近年の傾向としては、体感治安だけが突出して悪くなり、厳罰化が進行している。まあこれについては、この連載で以前にも書いた。今回はノルウエーの話だ。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2009年10月1日

2999日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!