mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Eivind Aarset

Eivind Aarset

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年11月9日 13:27更新

--->
■アイヴィン・オールセット バイオグラフィー
ノルウェー生まれ。12歳のときジミ・ヘンドリックスを聴き、即座にギターを始めたという。ディープ・パープル、ブラック・サバス、サンタナ、ピンク・フロイドなどのロックに没頭していたが、兄の影響でマイルス・デイヴィス、マハヴィシュヌ・オーケストラ、ウェザー・リポート、リターン・トゥ・フォーエヴァーなどのジャズに興味を持つようになる。さらにヤン・ガルバレクやテリエ・リピダルなどのECMサウンドを聴くようになり、大きな影響を受けたという。その後フルタイムでへヴィ・メタル・バンドのメンバーとしてツアーを行なう。しかし毎晩怒涛のステージを行なうことに飽きてセッション・ミュージシャンとして活動するようになる。
同時期Ab&Zuというバンドに参加したり、ノルウェーのサックス奏者ベンディク・ホフセット(マイケル・ブレッカーの後を受けてステップス・アヘッドに参加したことで知られる)と共演したりして徐々に自分自身のサウンドを追求し始めた。90年代半ばからノルウェー・アンダーグラウンド・ジャズ・シーンに参入し、ブッゲ・ヴェッセルトフトやニルス・ペッター・モルヴェルなどと交流することにより、ついに唯一無二の自己のサウンドへ行き着いた。
特に彼の名をシーンに印象付けたのは、ニルス・ペッター・モルヴェルの金字塔的アルバム『クメール』(97)と『ソリッド・エーテル』(00)への参加だった。また、ブッゲ・ヴェッセルトフトのデビュー作にしてジャズランドの第1弾『ニュー・コンセプション・オブ・ジャズ』(96)にも参加。
それら以外にもレイ・チャールス、ディー・ディー・ブリッジウォーター、ウテ・レンパー、ケティル・ビヨルンスタ、マイク・マイニエリ、ジャンゴ・ベイツなど様々なアーティストの150を越えるアルバムにセッション参加してきた。
98年にブッゲの協力のもとジャズランドよりソロ・デビュー作『エレクトロニック・ノワール』(UCCM-1026)を発表、フューチャー・ジャズの傑作として高い評価を受けた。
<---
転記 from http://www.universal-music.co.jp/jazz/groove/

こちらにもプロフィール:http://www.alwaysontherun.net/eivind.htm

公式?:http://www.molvaer.de/aarset2.htm


検索用:
アイヴィン・オールセット

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 122人

もっと見る

開設日
2005年12月1日

4221日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!