mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Karan Casey

Karan Casey

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年8月9日 18:07更新

アイリッシュ・アメリカン・トラッドのトップ・バンド、
SOLAS(ソーラス)の元看板シンガーとして知る人ぞ知る、
アイルランドの歌姫、Karan Casey (カラン・ケイシー)の
歌声が好きな方のためのコミュニティです。
なかったので作ってみました。
どうぞ、お気軽にご参加ください。



【Karan Casey(カラン・ケーシー)プロフィール】

1969年アイルランド、ウォーターフォード生まれ。
幼い頃は教会聖歌隊に参加。大学ではクラシックを専攻したが、その傍らエラフィッツジェラルドのスキャットをコピーしたり、ジャズバンドや民俗音楽バラードバンドなどにも加わり、ダブリンのビストロで歌っていた。ダブリンのフォークシンガー、フランクハートの影響を受け、自らのバンドをつくり「ドロシー」と呼ばれていた時期もあったという。

1993年に渡米し、ニューヨーク市ロングアイランド大学でジャズを学ぶ一方、アイリッシュ・トラッドのセッションにも参加するようになる。
1994年にシェイマス・イーガンに誘われ、SOLAS(ソーラス)に参加。アコースティックな編成を維持しつつ圧倒的なパワーと繊細さを併せ持つSOLASは一躍人気を集め、Karanも瞬く間にケルト音楽界のスターとなった。1997年に同バンドのバックアップを得て、ソロ『Songlines』を制作。1998年には待望の初来日を果たす。
1999年にSOLASを脱退。結婚、出産をはさんで、新たな環境の中で音楽活動を再開。2000年に制作した『Seal Maiden 』は、アザラシ娘の伝説をKaranの語りと歌で構成した子供のためのアルバムで、Altan(アルタン)のMairead(マレード)をはじめ豪華なゲストが参加し、高水準な作品に仕上がっている。
2002年の『The Winds Begin To Sing』では、SOLAS時代から大きく成長した彼女の新しい世界が広がる。Capercaillie(カパケイリー)のDonald Shaw(ドナルド・ショウ)のプロデュースのもと、名曲「奇妙な果実」をはじめ、斬新な音づくりにも果敢に挑戦したこのアルバムは、ケルティック・ミュージックが到達した一つの頂点ともいわれている。最新作は『Ships in the Forest』(2008)。 現在も世界各地でのフェスティバル参加やライブを中心に精力的に活動中!



◆Caran Keicy の MySpace
http://www.myspace.com/karancaseyband

◆Caran Keicy の HP
http://www.karancasey.com/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2009年9月9日

2753日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!