mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 動物、ペット > どうして・・・

どうして・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月20日 03:06更新

飼い主に捨てられた犬のお話です。
偶然見つけて涙が止まらなくなりました。

大好きなご主人様から離され、保健所で安楽死させられたコの
「どうして・・・」
という言葉の意味を理解して欲しい。

犬だけでなく、生き物全般に愛を。
少しでも悲しい子がでないように。
そう祈ることは出来るんではないでしょうか。


※以前、日本語に訳された文を掲載していたのですが、それがマナー違反だということが判明したので、削除させて頂きました。

リンクを貼るのはOKとのことなので、リンクを貼らせてもらいます。

http://www.tcp-ip.or.jp/~inaba/howcould.html

まだ読んでない方は上のリンクからどうぞ。

携帯からはこちら→http://www.tcp-ip.or.jp/~inaba/howcouldm.html


■絵本になっています→http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31670140


■挨拶はこちら→http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31670140

※ここから下は私が翻訳サイトを使って翻訳したものです。
文章がおかしいのはお許しください。


私が子犬だったときに、私は、じゃれてあなたを楽しませて、笑わせました。
あなたは、私を「子供」と呼びました、そして、多くの私が噛んだ靴とぼろぼろのクッションへのいたずらにもかかわらず、私はあなたの親友になりました。
私がいたずらをすればあなたは私に向かい指を降りながら、「どうしてこんなことをするのか」問いました。
でもすぐに、あなたは、ほほえみ、お腹をなでるために私をひっくり返らせました。
私のしつけには時間がかかったけど、あなたは忙しいのに頑張ってくれました。

私は一緒のベッドであなたから聞いたあなたの秘密と秘密の夢を、その夜を覚えています。
そして、人生が幸せに満ちていると信じていました。
私たちは長い散歩に行ったり、公園での走り回ったり、ドライブやアイスクリーム
(「犬にとって、アイスクリームは身体に悪いから」と、私にはコーンだけ、とあなたは言った)を食べるために休んだり、夕方に帰宅するあなたをひなたぼっこしながら待ちました。

しかし徐々に、あなたはより多くの時間を仕事の為、友人との交流に費やし始めました。
私は、我慢強くあなたを待ちました、悲嘆を隠し、あなたに愛情を注ぎました。
嫌なことになってもあなたを決して責めずに、あなたが帰宅したとき、あなたが恋に落ちた時でさえ
喜びました。

あなたの奥様は「愛犬家」ではありません。
それでも、私は、彼女に「私たちの家へようこそ」と、愛情を示し、彼女に従いました。
あなたが幸福だったので、私は幸福でした。

そして、2人の会田に赤ん坊が生まれました、私はあなたと一緒になって喜びました。
彼らのピンクの肌、匂いに私の母性本能はうずきました。
でも彼女とあなただけが、私が赤ん坊を傷つけるかもしれないと心配しました。
そして、私は別の部屋、または、ゲージに追いやられました。
私は彼らを愛したかったのです。あのとき私は「愛の虜」でした。

彼らが成長し始めたとき、私は、彼らの友人になりました。
彼らは、私の毛に触れ、不安定な脚で背筋を伸ばして、私の目の指を小突いて、私の耳を調査して、私にキスをしました。 あなたにほとんど触られない私は彼らとのふれあいすべてがとても好きでした。
そして、身を捨てなければならないのなら、喜んで差し出したでしょう。
私は、彼らのベッドに潜入して、彼らの心配と秘密の夢を聞くでしょう、そして、私たちはドライブウェイのあなたの車の音を一緒に、待ちました。

昔はあなたが犬を飼っているかと聞かれれば、財布から私の写真を取り出して、私に関する話を彼らにしていました。
ここ最近は、あなたは、「はい」とただ答えて、話題を変えました。
私は「あなたの家族」から「ただの犬」になりました。
そして、あなたは私にかかるあらゆる費用にイライラしていました。

今、あなたは新しい土地で仕事をすることになりました。、そして、あなたと彼らはペットを許容しないアパートに移つることになりました。 あなたは「家族」のために正しい決定をしましたが、私もあなたの唯一の家族だった時がありました。

私たちが動物保護施設に到着するまで、私はドライブに興奮していました。
施設には恐怖と共に、犬と猫のにおいがしました。
あなたは、文書に書き込んで、
「このこに良い家をみつけてあげて。」と言いました。

彼らは、肩をすくめて、苦痛を与えられた視線をあなたに向けました。
彼らは、「書類」で中年の犬が面している現実を理解していました。
あなたの子どもが「だめ、パパ!」「私の犬を奪わないで!」と叫んだので、あなたは私の首輪からあなたの息子の指を外さなければなりませんでした。
私は彼が心配になりました。あなたがどんな試練を彼に与えたか。
愛と責任に関する友情と忠誠の周りと、そして、一切衆生に対する敬意の周りに関してただ彼に教えました。
あなたは、「さようなら」とぽんと私をたたいて、視線を避けて、私の首輪とリードを持ち帰る礼儀正しく拒絶しました。
あなたは一線を越え、今、私にも越えろと。

あなたがいなくなった後に、2人の親切な女性は
、あなたが今度の移動を早くに知っていたのに、私に新しい家族を与える試みを全くしなかったと言いました。 彼らは、頭を横に振って、尋ねました。「どうしてそんなことができるの」と。
彼らはびっしりと詰まったスケジュールが許す限り私たちによくしてくれました。

彼らは私たちに餌を与えてくれましたが、私は、何日も前に食が細くなりました。
初めは、だれかが私の前を通る度、急いで前に飛び出しました。あなたかもしれないと。
あなたの気が変わり、これがすべて悪夢であったことを望んでいました。
または、気にかけただれか、私を助けてくれるかもしれないことを願っていました。
私は、無邪気な子犬ではないのだと、自身の運命に気づき、私は、隅で待ちました。

彼女の足音が聞こえ、そして、彼女の後に通路に沿って別の部屋までそっと歩きました。
幸せで静かな部屋。
彼女は、私をテーブルに置いて、私の耳をこすって、心配しないように私に言いました。
私の心臓は最悪の予感に激しくなりましたが、同時に救援の感覚がありました。
「愛の虜」の私は何日も前にいなくなってました。

私は彼女を心配しました。 彼女が持っている負担は、重く彼女に伸しかかってました。
かつてあなたと同じだったので分かりました。
涙が彼女のほおを流れ落ちたとき、彼女は、そっと私の前脚の周りの止血帯を置きました。
私は何年も前によくあなたを慰めていた同じように彼女の手をなめました。 彼女はじょうずに私の静脈に冷たい液体を注射しました。私がちくりと痛みを感じたあと、私の身体は眠くなり横になりました。そして彼女の目を見てつぶやきました。
「どうして・・・」と。

おそらく、私の言葉を理解していたのでしょう、彼女は、「私もつらいの。」と言いました。
彼女は、私をだきしめ、私が苦しまなくてすむより良い場所に連れて行くのが仕事であると説明しました。この地球の場所と非常に異なった愛と光の場所。
私のエネルギーを使い、尾を振りました。
「どうして」はあなたに対してでは無いことを伝えたかったのです。

私の愛しのご主人様、それがあなたであると思っていました。
私は、あなたを思って、いつまでも、あなたを待っています。
あなたの人生に関わる人々が、とても多くの忠誠をあなたに示し続けていますように




【検索ワード】


動物 ペット 犬 猫 虐待反対 保健所 飼い主 里親 保護 ジムウィリス 稲田忠雄 木内達朗

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2009年9月9日

2900日間運営

カテゴリ
動物、ペット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!