mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 赤松広隆

赤松広隆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年1月5日 21:58更新

赤松 広隆(あかまつ ひろたか、1948年5月3日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)。

日本社会党書記長、民主党国会対策委員長、同党副代表、鳩山由紀夫内閣では農林水産大臣などを歴任。


衆議院議員で日本社会党の国会対策委員長や副委員長を歴任した赤松勇の長男として生まれる。

東海中学、早稲田大学高等学院、早稲田大学政治経済学部卒業。高校・大学の同級生に松村久義がいた。 大学卒業後は日本通運に勤務した。

18歳で社会党に入党。 1979年4月の統一地方選で愛知県県議会議員選挙に出馬し当選、その後連続3回当選。

1990年2月の県議任期中に衆議院議員選挙に愛知6区から出馬し初当選。 1991年7月に就任した田邊誠委員長の下で党労働局長に就任。

1993年1月、田邊委員長が自民党の金丸信との関係を問われて辞任し、書記長の山花貞夫が委員長に就任すると、後任の党書記長及び社会党シャドーキャビネット官房長官に起用される。当選1回、45歳の若さでの書記長就任は党内外に衝撃を与えた。 山花とともに党の基本方針見直しに意欲を示し、同年2月に党の方針と反するコメ関税化肯定、原発容認を表明し、党内から批判を浴びる。

同年7月の衆院選で2度目の当選を果たすが、社会党は日本新党や新党さきがけなどの新党ブームに埋没して議席を約半減させる惨敗だった。 同年8月、社会党を含む非自民・非共産8党派による細川連立内閣が発足したが、惨敗の責任を問われて9月に山花が委員長を辞任したのに伴い書記長を辞任。後任の委員長には村山富市、書記長には久保亘が就任した。

同年12月、党内中間派・右派を中心に結成された政策集団「デモクラッツ」(衆参議員ら約40人)に参加し、事務局長に就任。 1994年4月、社会党が連立から離脱した羽田内閣の発足後、6月の自社さ連立による村山内閣の発足に至る過程では、非自民連立への復帰を志向し、自民党との連立に抵抗した。


2005年9月の衆議院選では、小選挙区で自民党現職木村隆秀に敗北し、比例復活で当選。同月、前原誠司新代表の下で副代表に就任した。

2006年9月、小沢一郎代表の下で副代表、政権戦略委員長を歴任し、2007年8月、党選挙対策委員長に就任。


http://www.akamatsu-hirotaka.jp/

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2009年9月6日

2697日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!